お尻ニキビが痛い!病院に行くべき?痛みを和らげる方法は?

1.痛いお尻にきびの治し方

ニキビはどこにできても痛いものですが、一番できてしまって痛い部位と言えばお尻でしょう。
お尻は座ったり、ズボンでこすれたりと、日常生活の中で最も刺激を受けやすい部分の一つです。
そのため、そのような場所にニキビができてしまうと、潰れたり、こすれたりしてしまい、とても痛い思いをしてしまいます。
お尻ニキビが痛い場合、「放っておくと危険かな?」と心配になる人も多いようですが、基本的にニキビは放置していても効果率で治るため、さほど危険はありません。
とはいえ、誰であってもお尻にできてしまったニキビは早く治してしまいたいと思うのが普通でしょう。
では、具体的にどのようにすれば治療することができるのでしょうか?

1-1.お尻にニキビができる原因

まず、一般的にニキビができる理由は、過剰に分泌された皮脂が毛穴を塞いでしまい、そこにアクネ菌が増殖してしまうためです。
お尻はデコルテ程では無いにせよ皮脂の分泌が盛んな部位です。
また、お尻は刺激を受けやすいため、皮膚の角質化が起こりやすいです。
皮膚が堅くなると毛穴が詰まりやすくなるため、やはりアクネ菌の温床となりやすいでしょう。
そのため、ダブルの意味でお尻はニキビができやすいです。

1-2蒸れや下着とこすれて発生するできもの

ちなみに、ニキビに似ていますが「できもの」もお尻にできやすいものの一つです。
上述した通り、お尻は下着でこすれたり、ムレたり、とで日々の生活の中でダメージを受けやすい部位です。
ケアを怠っていると炎症を起こしたり、病気にかかってしまう可能性があります。
お尻は実際にできものができたり、病気になるまで気付きにくいため肌トラブルに発展する前、日々の生活の中でスキンケアを続けることがとても重要です。
特に、夏場は通気性の悪い下着を着けていたりするとすぐにムレてしまうため注意が必要です。

2.痛いお尻ニキビの対策法

お尻に限らず、ニキビはホルモンバランスの乱れ、栄養不足、不規則な生活が主な原因で、身体が不調の時にでやすいです。
ニキビは身体からのSOSサインである、とも言い換えることができるでしょう。
そのため、ニキビ対策として、「生活習慣を整える」が一番効果的です。
基本的に健康的な生活をしていればニキビはできにくいでしょう。
しかし、お尻にニキビができてしまったらどのような治療法があるのでしょうか?
そして、お尻ニキビの対策としてはどのようなものがあるのでしょうか?

2-1.お尻ニキビの治し方

お尻ニキビを治すために大切なことが3つあります。
まず、お尻のニキビを潰さない事。
基本的ですが、一番大切なことで、ニキビを潰してしまうと出血したり跡が残ってしまったりと後々の肌トラブルに発展してしまいます。
お尻は刺激を受けやすく、うっかりニキビも潰してしまいがちですが細心の注意を払いましょう。
また、お尻を清潔にすることも大切です。
ニキビができてしまっているということは細菌が増殖してしまっているため、洗浄してできるだけ清潔に保ちましょう。
最後に、お尻の保湿もニキビを治す上で重要です。
清潔にした上で保湿を行うことで乾燥を防ぎ細菌感染を抑えることができます。

2-2.適切なスキンケアが大切

お尻ニキビの対処法としては、ニキビを潰さないこと、清潔にすること、そして保湿をしっかりと行うことです。
これらスキンケアを適切にすることで炎症を抑えるだけでなく、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)を促進し、ニキビを改善することができます。
また、これらはニキビができてから行うのではなく、ニキビが無くても常日頃からケアをした方がよいでしょう。
こうすることで吹き出物や感染症を防ぐことができます。
ただし、清潔にした方が良いと言っても石鹸でゴシゴシ洗うことは避けましょう。
肌を守るために必要な分の皮脂まで洗い落としてしまい結果として乾燥肌になり、菌にとって快適な場所になってしまいます。

2-3.痛みが酷ければ皮膚科を受診

基本的に、お尻のニキビは自力で完治することが可能です。
しかし、どうしても痛くて仕方がない場合には皮膚科を受診することをおすすめします。
病院ではピーリングという即効性のある治療方法でニキビを治してくれます。
ただし、ニキビは生活習慣の乱れを原因とすることが多いため、あくまでも一時的な治療方法であり、根本の解決にはなりません。
あくまでも、痛みを取るための治療であるということを念頭に置き、自分の生活習慣を見直すことも考えましょう。

3.痛いお尻にきびの予防方法

一番大切なのが、お尻を清潔にすることです。
通気性の悪い下着を避け、下着との摩擦からくる刺激をできるだけ無くしましょう。
他には、自分でピーリングをすることも予防方法として有名です。
お尻は角質化しやすく、そして皮膚の堅いところはニキビができやすいです。
定期的なピーリングによってターンオーバーを促進し、皮膚を柔らかくすることでニキビを予防することができます。

3-1.お肌に合った下着の素材選び

最近では機能性インナーと称して様々なショーツが開発されています。
これらはポリエステル、ポリウレタン、ナイロン、アクリル、レーヨンなどの化学繊維で作られていることが多いのですが、通気性が悪くムレやすいという特徴があります。
確かに、見た目は綺麗で、身に着けても違和感はありませんが、Vラインにダメージを与えてしまうため、できるだけ避けた方が良いです。
これに対してウールやシルクといった天然素材でできたショーツは、値段の高さはありますが、余分な熱を逃し、適量の湿度を保ってくれるため肌にはとても優しいです。
お尻のニキビに悩んでいる人は、まずはショーツ選びから始めてみてもよいでしょう。

お尻ニキビ 下着


3-2.蒸れないよう適切に保湿ケア

では、どのようにして適切な保湿ケアを行えばよいのでしょうか?
現在ではVライン用の保湿ジェルや化粧水も数多く市販されています。
これらの美容液、化粧水には肌を清潔にするための成分や、保湿成分が多く含まれているためニキビ対策以外にも美容効果も期待できます。
頻度としては少なくとも一日3回以上は洗浄と保湿を行うと良いでしょう。
しっかりと対策すればニキビや吹き出物とは完全にサヨナラすることができます。

4.痛いお尻ニキビの体験談

「初めてお尻にニキビができてしまいました。場所が場所なだけにとても痛く、また、デスクワークが主なので痛みで仕事に集中もできませんでした。友人に相談したところ、薬用ピーチローズという美容クリームをおすすめされたので使用しました。特徴としては洗浄、保湿をこれ一本でしてくれるため手間がかからずに効果を実感することができます。使い始めてから2日後にはニキビも痛みも治まりました。もう二度とあのような痛みを感じたくないため現在では日常的にクリームを塗って洗浄と保湿を行っています(30代女性・会社員)」

お尻ニキビを消すためにジェル以外に試みたこと

ジェルもそれなりに効果がでてきて満足だが、
もっと今より効果が倍増する方法はないのか…?
と、人間の欲がでてきた頃。(約1〜1か月半くらい)
わたしは遂に、お尻ニキビを消すために
さらに効果が倍増する簡単な方法を探し出した(′∀`)
テーマは「下着」
そう、お尻に直接触れる下着を買い替える。
たったこれだけ。
これだけでお尻ニキビがより改善される!!

ダメな下着は
・サイズの合わないもの
・綿100%&シルク素材以外

大いに当てはまったのでさっそく
下着屋でサイズを測ってもらい、
シルクと綿100%のものに買い替えた。

下着屋さんには
「下着の買い替えってことは、何か記念日ですか?」
と聞かれたが・・・軽く流した(・∀・)w

なぜサイズの合わない下着がダメなのか。
100%血行不良やリンパの流れの悪くするそうだ。

なぜ安物のナイロン系のパンティがダメなのか。
通気性が悪く、蒸れやすい状況を作るからだそうだ。

納得!

◇・・・下着とお尻ニキビの関係について・・・◇
下着(パンティ)の素材・サイズが適していないまま履き続ける

長い間使用し肌の血行不良やリンパの流れの悪くなる

皮膚が厚くなり、菌も繁殖し、ニキビができ始める

上記のような下着によるニキビ発生3ステップ。

この最初の部分を改善すれば!!
お尻ニキビはグンッと消滅するはず。

結果、以前よりもニキビの数が減った!!!
そして減るスピードが速い!!!
たった下着を変えるだけでこんなに
治るスピードが速まるなんて衝撃。

もちろんピーチローズ様はきっちり使用。
何事も継続は力なり。と言ってもまだ1か月w

こんなに効果が出てきて毎日驚いている(つд⊂)ゴシゴシ