太もも ニキビ,お尻 太もも ニキビ 原因

太もも ニキビ

「太ももにニキビができて治したい!」
「太ももにできものができているけど、ニキビなの?」
「太ももニキビが擦れていたい!」

 

太ももは、独特な肌環境のため、様々なできものができやすい肌状態です。
そのため、顔にできるニキビとは原因が違うため、ケア方法がわからないという方も多いでしょう。

 

当記事では、太ももニキビの原因と治し方をご紹介しています。
また、ニキビ以外のできものだった時のために、太ももにできやすいできものの特徴と見分け方も解説しているので、症状に適した対処法がわかります。

 

当記事が太ももニキビで悩む方の、ニキビの改善の役に立てれば幸いです。

 

それって本当にニキビ?太もものできものの種類と見分け方

太ももにブツブツができた時、「ニキビだ!」と決めつけるのは待ってください。
というのも、太ももにはニキビ以外にも、毛嚢炎や粉瘤などのできものが出来ることもあるからです。

 

ニキビ・毛嚢炎・粉瘤は、それぞれ対処法が違います。
間違った方法でケアをすると症状が悪化する恐れがあるので、まずはできものの種類と見分け方を理解しておきましょう。

 

ニキビ(吹き出物)

ニキビ(吹き出物)は、皮膚の慢性炎症疾患の一種です。
皮脂や汚れが毛穴に詰まると、それをエサにアクネ菌が繁殖して炎症を起こし、真ん中に膿を持った赤い吹き出物になります。

 

ただし、赤い吹き出物になるのは最終段階で、徐々に症状や見た目が変化していく点がニキビの特徴です。
具体的には、初期は毛穴に皮脂が詰まって白くなった「白ニキビ」になります。

 

次に、皮脂によって毛穴が開き、皮脂が空気に触れて酸化して黒くなった「黒ニキビ」になります。
そして、黒ニキビが悪化して炎症を起こすと、最終的に「赤ニキビ」になるのです。

 

赤ニキビになると痛みを感じることもあるので、
「白→黒→赤と吹き出物の色が変化して、赤い吹き出物を触ると痛い」という場合は、ニキビだと判断できます。

 

毛嚢炎(毛包炎)

毛嚢炎(毛包炎)は、毛包(毛根を包んでいる組織)が炎症を起こしている状態で、感染症の一種です。
黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌が毛穴に入り、毛包が感染して炎症を起こすと、真ん中に膿のある赤いブツブツができます。

 

見た目はニキビにとても似ているので、ニキビか毛嚢炎かを判断するのは難しいかもしれません。
ただし、毛嚢炎は小さな赤いブツブツがたくさんできる点、押すと痛みを感じる点が特徴です。

 

「ニキビのようだけど小さくて数が多いし、押すと痛い」という場合は、毛嚢炎の疑いがあります。
なお、毛嚢炎ができた時は自宅でケアするのではなく、皮膚科を受診して医師の指示を仰ぎましょう。

 

粉瘤(アテローム)

粉瘤(アテローム)は、皮膚にできる良性腫瘍の1種です。
通常、肌の表皮ではターンオーバーが繰り返されて古い角質は剥がれ落ちるのですが、そのサイクルの途中で表皮に袋ができ、垢が溜まると粉瘤になります。

 

粉瘤の初期症状は皮膚の下にしこりができる程度なので、自覚症状はありません。
しかし、徐々に炎症を起こして赤く腫れあがり、ニキビのような見た目になります。
そのためニキビと区別が付きにくいのですが、粉瘤は悪臭を放つ点、大きいものだと数十センチまで巨大化する点が特徴です。

 

「ニキビだと思っていたら臭い・大きくなってきた」という場合は、粉瘤の可能性が高いと言えます。
なお、毛嚢炎と同じく粉瘤も自宅ではケアできないので、早めに皮膚科を受診しましょう。

 

太ももニキビはどうしてできるの?

続いては、太ももにニキビができる原因について説明します。
原因が分かればニキビを予防できますし、効果的なケアをすることもできるはずです。

 

ニキビができる原因をしっかり把握しておきましょう。

 

「乾燥」によるターンオーバーの乱れ

太ももにニキビができる最大の原因は、肌の乾燥によるターンオーバーの乱れです。

 

太ももは、衣服(タイツなど)と接していることが多いため、衣服による蒸れ、摩擦や圧迫といった外部からの刺激を受けやすい部位です。
そのため、外部刺激によって肌の表面にある角質が剥がれることがよくあります。

 

角質は肌の水分を保つ役割、外部刺激から肌を守る役割(バリア機能)を持つので、
通常のサイクルより早く角質が剥がれると、肌を再生するためにターンオーバーが乱れてしまう上、外部刺激から肌を守るために表皮が硬く分厚くなってしまいます。
すると肌に水分が浸透しづらくなり、乾燥してしまうのです。

 

肌が乾燥すると、水分を保つために未成熟な細胞が表面に押し上げられるため、ターンオーバーが乱れたままの状態が続きます。
ターンオーバーが乱れていると皮脂が毛穴から排出されず、アクネ菌が繁殖して炎症を起こし、ニキビができるというわけです。

 

毛穴から「ばい菌」が入ったことによる炎症

また、毛穴から雑菌が入ることも、太ももにニキビができる大きな原因になります。

 

毛穴から雑菌が入るケースとして多いのが、ムダ毛の処理をした時です。
太ももはムダ毛が気になる部位なので、女性の方はご自身でシェービングした経験をお持ちではありませんか?

 

ムダ毛を剃った時に細かい傷ができると、その傷から雑菌が入り、炎症を起こしてニキビになるのです。

 

また、ボディソープの洗い残しにも注意する必要があります。
お風呂でボディソープをしっかりすすげていないと、洗い残しが毛穴に残ってアクネ菌が繁殖し、ニキビができるのです。

 

このように、太ももにニキビができる原因は、太ももが置かれている独特な環境と深く関係しています。
そのため、ニキビができる原因を取り除くことができれば、ニキビの改善・予防が可能です。

 

太ももニキビの効果的な治し方

太ももニキビを治す方法としては

 

  • 市販薬の使用
  • スキンケア

 

以上の2つが有効です。

 

では、それぞれの方法について詳しく解説していきます。

 

薬で炎症を抑える

太ももにニキビができたら、まずはニキビ用の市販薬を塗って炎症を抑えましょう。
使用する市販薬としては、次の3つがおすすめです。

 

ペアアクネクリームW

ペアアクネクリームWは、炎症を起こした赤ニキビの治療薬です。
有効成分イブプロフェンピコノールがアクネ菌の炎症を鎮め、ニキビを根本から治します。

 

また、イソプロピルメチルフェノールがアクネ菌を殺菌するため、ニキビ予防にも効果的です。
塗った後は肌になじみやすく透明になりますし、べたつかないので衣服が引っ付くこともありません。

 

ピンプリットにきび治療薬C

ピンプリットにきび治療薬Cは、無色でクリームタイプのニキビ治療薬です。
有効成分のイオウが角質を柔らかくして毛穴の詰まりを解消し、アクネ菌の繁殖を抑えます。

 

また、殺菌作用のあるレゾルシン、抗炎症作用のあるグリチルレチン酸も配合されているので、ニキビの予防・改善に有効です。
オイルフリーで油分を一切含まないため、べたつかない点も特徴だと言えます。

 

クロマイ-N軟膏

クロマイ-N軟膏は市販薬で唯一、抗真菌成分(ナイスタチン)を配合したニキビ治療薬です。
抗真菌成分に加え、クロラムフェニコール、フラジオマイシン硫酸塩といった抗生物質がアクネ菌の繁殖を抑え、ニキビを改善します。

 

伸びやすい軟膏タイプなので患部の保護にも有効ですし、ニキビが広範囲にできている場合にも塗りやすくおすすめです。

 

同時にスキンケアで肌環境を整える

太もものニキビを治すには、ニキビ治療薬の使用と同時に、スキンケアで肌環境を整えることも大切です。
スキンケアによってしっかりと肌を保湿していれば、ターンオーバーが改善されて肌の状態が良くなるので、ニキビの進行抑制・ニキビ予防に役立ちます。

 

太ももニキビにおすすめのコスメ3選

太もものスキンケアをする時は、ケア用コスメとして次の3点がおすすめです。
いずれもお尻のニキビや黒ずみケア用の商品ですが、お尻と太ももの肌環境やニキビができる原因は似ているので、太ももに使っても問題ありません。

 

ピーチローズ

ピーチローズ

ピーチローズは、ニキビ・シミ・黒ずみをケアするためのジェルクリームです。
有効成分の浸透力が高いので、硬く分厚くなった太ももの肌にもしっかりと成分が届きます。

 

具体的な効果としては、保湿成分のプラセンタ、ヒアルロン酸、セラミドなどが肌に潤いを与えてターンオーバーを促進し、アクネ菌の繁殖を抑えます。
また、抗炎症作用を持つグリチルリチン酸ジカリウムがアクネ菌の炎症を鎮めるので、今あるニキビの改善にも効果を発揮します。

 

合成香料・鉱物油・アルコール・パラベンといった肌に刺激となる成分も使われていないため、敏感肌の方も安心して使えますし、ニキビが悪化する心配も不要です。

 

ピーチローズについて詳しく見る

 

 

プチノン

プチノン

プチノンは、薬剤師が開発したジェルクリームで、ニキビ・黒ずみ・たるみの改善に効果を発揮します。
グリチルリチン酸ジカリウムがアクネ菌の炎症を抑えてニキビを改善するほか、保湿力の高い水溶性プラセンタエキスがターンオーバーを改善するので、ニキビ予防にも効果的です。

 

さらに、浸透力を高めるためにナノ化(成分の分子を小さくした状態)してカプセル状になった美容成分が98.5%も配合されているため、太ももの黒ずみを予防し、肌を引き締める効果も期待できます。

 

プチノンについて詳しく見る

 

 

フェアリームーン

フェアリームーン

フェアリームーンは、朝・夜の1日2回使用する点、朝用と夜用2種類のジェルを使用する点が特徴で、ニキビ、黒ずみ、たるみの改善に効果を発揮します。

 

コラーゲン、ヒアルロン酸、プラセンタといった保湿成分がターンオーバーを改善してニキビの進行を抑えるほか、ビタミンCが配合されている点も見逃せません。
ビタミンCには、ターンオーバー促進効果や皮脂分泌の抑制効果があるので、ニキビの予防・改善にもってこいの成分です。

 

さらに、美容成分が98.7%も配合されているので、黒ずみの改善や肌の引き締め効果も期待できます。

 

フェアリームーンについて詳しく見る

 

 

イチオシはピーチローズ

ピーチローズ

ピーチローズ、プチノン、フェアリームーンと3種類のコスメをご紹介しましたが、当サイトのおすすめはピーチローズです。
ピーチローズをおすすめする理由は、高いスキンケア効果が期待できることはもちろん、「60日間返金保証制度」があるからです。

 

ピーチローズ

「60日間返金保証制度」とは、ピーチローズを使って肌に合わなかった場合に限り、商品到着日から60日以内限定で返品・返金に応じる制度のこと。
これなら「せっかく買ったのに肌に合わなくてお金がムダになった・・・」ということはありませんから、初めての方も安心して試すことができます。

 

「太もものニキビケア用品にどれを選べばいいのか分からない・・・」
「化粧品で肌が荒れたことがあるから、初めて使う商品は不安・・・」

 

という方は、まずはピーチローズを試してみてはいかがでしょうか?

 

ピーチローズ公式サイトはこちら

 

 

治らない場合は皮膚科を受診しましょう

太もものニキビに市販薬やコスメを使っても、効果には個人差があるので、どうしてもニキビが治らないことがあります。
そんな時は、皮膚科を受診してみましょう。

 

皮膚科ではより効果の高い薬を処方したり、レーザー治療を行うなど、医療機関ならではの専門的な治療が受けられます。
また、お尻のできものがニキビかどうか見分けられない場合も、皮膚科で医師に診察してもらう方が良いでしょう。

 

なお、皮膚科でレーザー治療を受けると1回につき約10,000円の治療費が必要です。
効果が高い分だけ治療費も高額なので、太ももニキビの治療にかけられる費用をよく考えた上で、レーザー治療を希望しましょう。

 

触れると痛いニキビなら!痛みを和らげる方法

ニキビって触れると痛いことがありますよね。
特に、太ももは衣服と触れる部位なので、服を着た状態で動くと擦れて痛みを感じることがよくあります。

 

そこで、ここからは太ももニキビの痛みを和らげる方法をご紹介します。

 

絆創膏を貼る

太もものニキビが痛い時は、絆創膏を貼ってニキビを保護しましょう。

 

絆創膏を貼れば、衣服などが直接ニキビに触れることがないため、痛みを和らげることができます。
また、雑菌が患部に触れる心配もなくなるので、ニキビの悪化防止にも有効です。

 

そして、絆創膏を張る際に薬を塗ってから貼ると、摩擦によって薬が取れることがなくなるので、薬の効果を持続させることが可能です。
痛みを和らげるだけでなく治療効果も高くなるので、ぜひ実践してみましょう。

 

締め付けのキツい服を避ける

絆創膏の他には、締め付けのキツイ服を着ないことも大切です。
ゆったりしたスカートやズボンを穿いていれば、ニキビと衣服の接触を避けられるので、摩擦による痛みを軽減できます。

 

逆に、スキニーやタイツ、ストッキングなどは、肌に密着してニキビに触れてしまいます。
そのため、痛みを感じることが多いですし、摩擦が刺激となってニキビが悪化する恐れもあります。

 

もう繰り返さない!太ももニキビ予防法

太もものニキビを繰り返さないよう、最後に簡単なニキビの予防法を3つご紹介します。
日頃の生活に取り入れて、ニキビレスな太ももを目指しましょう。

 

太もものスキンケアを続ける

太ももニキビを予防するために1番大切なことは、継続して太もものスキンケアを行うことです。
肌が乾燥すると、ターンオーバーが乱れたり、肌のバリア機能が低下して、ニキビができやすい状態になります。

 

そのため、日ごろからスキンケアで保湿をすることで、肌の乾燥を防げるので、肌が健康な状態を保ち、ニキビができにくい状態にできるのです。

 

適度な運動をする

日頃から適度な運動をしていると、太ももニキビの予防に効果があります。
その理由は、運動によって全身に血液が循環するため、肌の新陳代謝(ターンオーバー)が高まって皮脂や汚れの詰まりを防止できるからです。

 

また、運動はストレスの解消に有効である点も見逃せません。
ストレスがたまるとホルモンバランスが崩れるのですが、ホルモンバランスが崩れると皮脂が過剰に分泌される上、ターンオーバーが乱れてニキビの原因になってしまいます。

 

しかし、運動によってストレスを解消できればホルモンバランスが整うので、ニキビの防止に効果的です。

 

生活習慣を改善する

食生活や睡眠といった生活習慣の改善も重要です。

 

まず食生活について説明すると、油分を抑えた食事をしていれば皮脂の分泌量を減らすことができます。
また、ビタミンCなど肌の再生に欠かせない栄養素を積極的に摂ることで、ターンオーバーの促進に役立ちます。

 

このように、栄養バランスの取れた食事は、ニキビの予防に効果的です。
揚げ物や肉類をよく食べている方、栄養バランスの偏った食事をしている方は、魚・野菜・大豆製品・乳製品などをバランス良く食事に取り入れましょう。

 

さらに、食生活だけでなく「質の良い睡眠」もニキビ予防に欠かせません。
というのも、睡眠不足が続くとホルモンバランスが崩れ、ターンオーバーが乱れる原因になるからです。

 

つまり、睡眠時間を確保してぐっすりと眠ることができれば、ターンオーバーが促されるため、ニキビができにくい肌状態になります。
ニキビを予防するためには、寝る前にスマホやタブレットの画面を見ない、寝室の照明を薄暗くする、アロマを焚くなど、リラックスして良質な睡眠をとる工夫をしてみましょう。

 

症状に合った方法でキレイな太ももにしましょう!

太ももは、衣服との摩擦や蒸れ、圧迫によって肌が乾燥し、ターンオーバーが乱れやすい部位です。
また、ムダ毛の処理で毛穴に雑菌が繁殖して炎症を起こすなど、できものが出来やすい環境にあると言えます。

 

太ももにできものを見つけた時は、まずニキビか他のできものかを判断したうえで、正しいケアを行いましょう。
また、ニキビを予防するために、スキンケアを続けること、適度な運動をすること、生活習慣を改善することも心がけてください。

 

太もものできものがニキビかどうか分からない時、どうしてもニキビが治らない時は、皮膚科を受診して医師の指示を仰ぎましょう。