お尻の黒ずみの原因と対策

1. お尻に黒ずみができる原因とは?

お尻に黒ずみができる原因とは日常生活の習慣と深く関わっています。
身につけている下着によって起こることもありますし、座り仕事が多い方、お尻の肉が薄い痩せ型のの人もできやすいと言われています。
普段は人に見られる部分ではないのであまり気にならないという方もいます。
しかし、若い方は夏になればプールや海水浴、温泉などのに出掛ける方も多いのではないでしょうか。
そんな時にお尻に黒ずみができていると恥ずかしい思いをすることもあります。
黒ずみの原因は人それぞれで、黒ずみができてしまっている方は原因を見つけることが大切ですし、できていない方でも原因をしり予防することが大切です。

お尻ニキビ 原因


1-1. 痩せ型の人にできやすい!?

痩せている人ほど黒ずみができやすいと言われています。
その理由としては、脂肪が少なく、刺激を受けやすいからと考えられます。
肌は強い刺激を受け続けることにより、正常なターンオーバーを行えなくなる場合があります。
正常なターンオーバーを行われないと、肌に受けたダメージを修復できず黒ずみになってしまう可能せがあります。
そのため、痩せている人ほどお尻の刺激には注意が必要です。
座り仕事をしているという方は低反発のクッションを利用するなどして、お尻の刺激を軽減させる工夫が大切です。
ただ、太っているからといって安心というわけではありません。
太っている方でも痩せている方でも、お尻への負担は減らすことが大切です。

1-2. 下着などによって擦れる

お尻が受ける刺激は座っている時だけではありません。
いつも履いている下着によって、お尻の肌が擦れてしまい黒ずみの原因になることもあります。
大きめの下着を履いていると肌との隙間が多く、動くたびに肌が擦れてしまいます。
できるだけ、隙間の少なくお尻の肌を守ってくれるような下着を利用することが大切です。
ただ、締め付けるような下着は逆効果ともなります。
下着の締め付けにより血液循環が悪くなり、肌サイクルが乱れることにより、肌の修復が正常に行われない場合もでてきてしまいます。
適度な締めつけで、自分に合っている下着を身につけることにより黒ずみの予防になります。

1-3. 座っていることが多い

お尻は物理的な刺激を受けやすい場所です。
物理的な刺激とは下着だけでなく、椅子に座っている状態もお尻に刺激を受けている状態です。
座り仕事をしている方にとっては、仕事なのだから仕方がないと諦める方もいるかも知れませんが、ちょっとした工夫で刺激を軽減させることができます。
低反発のクッションなどを利用するとお尻への負担は大きく軽減させ得ることができます。
また、自転車などをよく利用するという方は、サドル部分をクッション性の高いものに交換すればお尻への刺激を軽減させることは可能です。
普段の生活習慣の中で、どのようなことがお尻に負担をかけているかを調べて、対策を行うことで綺麗なお尻を維持することができます。

1-4. ニキビが治りきらずに残ってしまった

お尻にニキビができても、人に見られることがないのでそのまま放置するという方もいるのではないでしょうか。
しかし、ニキビができてそのままにしておくと、色素沈着の原因となります。
広範囲の黒ずみになることはありませんが、ニキビによる色素沈着は、白い肌のお尻にはとても目立つものです。
目立つような色素沈着を起こさないためにも、ニキビができてしまった場合には、ニキビ薬などを使い早めに完治させることが大切です。
ニキビ予防には保湿も重要です。
風呂上がりには、保湿性の高いクリームなどを利用してニキビ予防をすることも大切です。

2. 改善するには?お尻の黒ずみの治し方

お尻の黒ずみができてしまった方がきになるのが、黒ずみの治し方があるのかという点ではないでしょうか。
黒ずみは適切なケアをすることで改善させることは可能です。
睡眠やスキンケアをしっかりと行うことにより、肌のサイクルが正常に行われ、毎日多くの刺激を受けているお尻の肌をしっかりと修復してくれます。
その他にも、普段からお尻の刺激を軽減させたり、食生活を気をつけることにより、改善させることができます。
短期間で改善させたいという方は美容クリニックを利用する方法もあります。
黒ずみを治療する施術は美容クリニックでも行っていますが、お尻を出しているのが恥ずかしいと感じる方や、保険が適用されない場合もあり治療費が高額になることもあるので、料金が気になるという方は普段の生活から改善させることをおすすめします。

2-1. 睡眠とスキンケアをしっかりと!

黒ずみを改善させるには睡眠はとても重要です。
よく睡眠不足はお肌の大敵とも言いますが、お尻の肌も同じです。
睡眠不足が続けばお尻の肌も正常なターンオーバーができなくなり、黒ずみになりやすくなったり、ニキビができやすい状態となります。
そして、睡眠だけでなくスキンケアも重要です。
十分な睡眠をとっていても、肌が汚れていたり乾燥している状態では、これもターンオーバーを狂わせる原因となります。
毎日の睡眠とスキンケアによって、肌のターンオーバーを乱さないことが重要です。
肌にとって優しい生活を送ることによって、黒ずみの改善や予防に繋がります。

2-2. 保湿液で角質を柔らかくする

睡眠不足や適切なスキンケアがされていないと、ターンオーバーが乱れ角質が溜まってしまいます。
正常なターンオーバーが行われていれば、角質がたまることはないのですが、ターンオーバーが乱れると古い角質が剥がれにくくなります。
古い角質にはメラニン色素が残っているので、お尻の肌が黒ずんだように見えることもあります。
綺麗なお尻にするためには角質ケアも重要です。
保湿液で角質を柔らかくすることにより、古い角質が剥がれやすい状態を作ることができます。
角質ケアではピーリングなどもありますが、ピーリングは肌に強い刺激を与えてしまう場合もあり、安全に角質ケアを行うには保湿液でのケアがおすすめです。

2-3. ハイドロキノン入のクリームを塗る

広範囲の黒ずみができる原因として、お尻への刺激があります。
特に座っている時間が長い方は、この黒ずみができやすい方といます。
そのため、長時間座っている方は座っている場所を工夫することが大切です。
柔らかいクッションを使用を使用することにより、お尻への刺激を減らすことができ、黒ずみを作らないためにはとても重要なポイントとなります。
普段の生活の中で大きな刺激を受けやすいのがお尻です。
座っているだけで上半身の体重による負担をお尻は受け続けることにます。
その負担を受け続ければ、黒ずみができてしまうのも当然と考える方もいるのではないでしょうか。
普段の生活でお尻への負担を減らすことが重要です。

2-5. 糖質や脂肪分が多い食品は控える

お尻の黒ずみには食生活も重要になります。
乱れた食生活を送っているとニキビができやすくなり、色素沈着を起こしやすくなります。
ニキビ予防で気をつける必要があるのが、糖分や脂肪分を多く摂取してしまうことです。
ニキビができやすいという方の中には糖分や脂肪分を多く摂取しているという方もいるのではないでしょうか。
糖分や脂肪分は体にとって必要な成分で、全く摂取しないのは体によくありません。
大切なのはバランスです。
糖分や脂肪分を摂取し過ぎると栄養バランスが乱れ、ニキビができやすくなります。
普段の生活の中で糖分や脂肪分を摂り過ぎていると感じている方はその量を減らし、黒ずみに有効なビタミンCやビタミンB2、ビタミンB6を意識的に摂取すると効果的です。

人知れず悩むおしりの黒ずみに!ピーチローズ

おしりの黒ずみ、ぶつぶつが気になってはいても、なかなか悩みを人に話せない・・・><
ちょっと打ち明けるのは恥ずかしいな、と思ってしまうのです。
そんな悩みを抱えて幾星霜、今では黒ずみの他にも、おしりのお肉がなんだか硬くなってきた気がして、気が気じゃ無くなってきました。、
なんとかしなくっちゃ!!これは本当にヤバイ!!><
夏には海に行きたいと思っていますし、ボディラインに不安を持っていたくないのです。
追い詰められて、黒ずみ対策を決意!!まずはやっぱりボディクリームかなと思いまして。
おしりの黒ずみやニキビなど、おしりのスキンケアのトラブルに最近良く名前を聞くピーチローズだけど、その効き目はどんなものなのか、すごーく気になります。
試してみて駄目だったとしても、60日返金保証というものがあるから、大丈夫かな?と思いつつ、試しに注文してみようと思います。
肌が敏感で頑固なわたしの肌は改善されるのか?
そもそも、なぜおしりは黒ずんでしまうのか?
素朴な疑問がいくつも浮かんできました。
頑固なおしりと戦い続けているピーチローズの秘密が知りたいです。