おしりの美白ケアで黒ずみを消す

1.お尻の黒ずみの原因はメラニン色素が沈着すること!

意外と悩んでいる方が多いのがお尻の黒ずみです。
温泉や水着になった時に目立ってしまいますよね。
黒ずみはメラニン色素が沈着することが原因と言われています。
メラニン色素が作り出される原因は多々あります。
まずは外部刺激です。
下着や衣服によってお尻の肌には摩擦が起こっています。
肌は摩擦による刺激から自らを守るため、メラニン色素を作り出します。
また、不衛生な環境も原因となります。
蒸れたお尻はニキビや炎症が起こりやすく、トラブルが起きた肌もメラニン色素を作り出します。
そして見落としがちなのが乾燥です。
乾燥していると肌のターンオーバーが正しく行われず、作り出されたメラニン色素が沈着してしまうのです。

2.お尻の黒ずみへの対策!色素沈着を解消させるケアは?

お尻の黒ずみ対策としては、上記にあげた原因を取り除くことが大切です。
まず下着や衣服の刺激ですが、肌にやさしい素材の下着や衣服を着ることが大切です。
下着は綿素材を使うようにすると良いでしょう。
また、デニムや多くの女性が履いているスキニーパンツはお尻を圧迫するので避けたほうが良いでしょう。
次に不衛生な環境ですが、夏は特にお尻は汗で蒸れやすいですよね。
これも通気性の良い下着や衣服に変えることで改善できます。
やはり綿素材の下着がぴったりでしょう。
最後は乾燥ですが、これについてはお顔の乾燥に対するケアと同じです。
お尻にも保湿ケアや美白ケアが必要です。

2-1.シミや美白対策と同じアプローチをとる

お尻のケアと言っても何をすれば良いか分からない方も多いのではないでしょうか。
これはお顔に対するケアと同じと思って下さい。
お顔のシミやくすみが気になった場合、どのようなアプローチを肌に対してしますか。
多くの方は保湿したり、美白化粧水や化粧品を使ってみたりしますよね。
お尻の場合も同じです。
お尻に対しても保湿や美白化粧品を使用してみましょう。
今はお尻やデリケードゾーン専用のクリームやジェルが販売されています。
保湿成分が配合されていて肌改善が見込めるもの、美白効果が期待出来るものを購入することをおすすめします。

2-2.お尻に塗るクリーム選びには「美白有効成分」入りのものを選ぶ

今ではお尻に塗る化粧品もたくさん発売されていますが、黒ずみをケアする目的なら「美白有効成分」が入ったものを選ぶようにしましょう。
美白有効成分とは、厚生労働省により「メラニンの生成を抑えシミやそばかすを防ぐ効果が期待できるもの、または似たような効能が期待できる」と認められた成分のことを言います。
現在は20種類あり、アルブチンやビタミンC誘導体、トラネキサム酸などがあげられます。
お尻用の化粧品は何を買ったら良いか悩むかと思いますが、保湿がしっかりできること、美白有効成分が含まれていることは必須条件として探してみてください。

2-3.美白効果のある成分ハイドロキノンとは?

ハイドロキノンとはコーヒーや麦芽に含まれている天然由来の成分です。
ハイドロキノンはシミに強い効果があります。
シミの原因であるメラニンを作る酵素の働きを抑制し、メラニン色素を作る細胞(メラノサイト)を減少させる効果があります。
つまり、シミ対策だけでなく既に出来てしまったシミに対しても効果が期待できるということです。
米国では美白やニキビ治療に良く用いられてきました。
日本でも医師が処方する治療薬として普及してきましが、最近では日本でもハイドロキノンが含まれた市販品が増えてきています。
強い効果がある成分ですから、しっかりと理解したうえで使用するようにしましょう。

2-4.ハイドロキノンは全ての人に使えるの?

基本的には誰にでも使えますが、とても強い作用がある成分です。
病院で処方して貰う場合は医師の指示に従いましょう。
また、市販品を使う場合は必ず目立たないところでパッチテストしてみると良いでしょう。
その際にいつも使用している化粧品も一緒に使ってみたほうが良いです。
ハイドロキノンに対しては問題なくても、普段使用している化粧品とは相性が悪いこともあります。
ハイドロキノンを使用していた方が白斑(細胞が破壊されメラニンが作れなくなった状態)になってしまったケースもあるようです。
強い効果がある成分には副作用がある可能性があることを意識することも必要です。

3.美白有効成分がしっかり入ったクリーム3つ

美白有効成分が入った部分ケア用のアイテムを探してみたところ、下記の3つが黒ずみケアには効果がありそうです。
それは「ピューレパール」「イビサクリーム」「ピーチローズ」です。
身体の黒ずみでお悩みの方なら一度は目にしたことがある名前ですよね。
人気があるには理由があります。
どれも美白有効成分が配合されているだけでなく保湿にも優れているため、肌を健やかにしてくれます。
乱れてしまった肌のターンオーバーを正し、古い角質が溜まらないようにすることでキレイな肌が手に入ります。
それぞれ特徴が違いますから自分の肌に合ったものを選んで下さい。

3-1.クリームの実力No.1!ピューレパール

脇や肘・膝、もちろんお尻の黒ずみに効果が期待できるジェルです。
2015年にはモンドセレクションを受賞している世界が認めた美容ジェルです。
ピューレパールには美白有効成分が4種(米ぬかエキス・ビタミンC誘導体・水溶性プラセンタエキス・グリチルリチン酸2K)も配合されています。
これだけでなく保湿成分も4種(トリプルヒアルロン酸・プラセンタ・コラーゲン・天然ビタミンE)配合されています。
これだけの有効成分が配合されているのにも関わらず、無添加で低刺激なのは嬉しいところです。
これならお肌のデリケートな部分にも使いやすいですね。

3-2.「トラネキサム酸」が配合!イビサクリーム

こちらもデリケートゾーンや肘・膝などの黒ずみに効果が期待できる美容クリームです。
イビサクリームには美白有効成分が2種(トラネキサム酸・グリチルリチン酸2K)配合されています。
特にトラネキサム酸は医薬品としても使用されてきた美白成分ですから、とても効果が期待できます。
他にもメラニンの生成を抑える植物由来の成分が4種(サクラ葉抽出液・カモミラエキス・ダイズエキス・オウゴンエキス)、保湿成分に至っては8種(ローズ水・ヒアルロン酸等…)も配合されています。
こちらもこれだけの有効成分が配合されていますが無添加・低刺激となっています。

3-3.保湿とバリア機能に特化しているピーチローズ

こちらはお尻ニキビや黒ずみに効果が期待できる美容ジェルです。
2015年にモンドセレクションを受賞しています。
ピーチローズには美白有効成分が2種(水溶性プラセンタエキス・グリチルリチン酸2K)配合されています。
美容成分も6種(エラスチン・セラミド等)、天然由来の成分も8種(トウキエキス・人参エキス等…)配合されています。
ピーチローズは美容成分を98.2%配合している高機能ジェルなのです。
また、ピーチローズのすごい所は保湿成分が肌の奥まで浸透するよう成分をナノ化(微細化)しています。
角質化して美容成分が浸透しにくくなっている肌にも使うことができるのです。
もちろんピーチローズも無添加・低刺激です。

おしりの美白のスペシャリスト「ピーチローズ」

おしりの黒ずみを無くしたくて、その原因を調べていたのですが、摩擦や刺激、圧力なんかがかかると、お肌が硬くなって黒ずみ、硬くなって、乾燥してしまう。
乾燥した皮膚は皮脂が過剰に分泌されて、ニキビができやすくなり、治まったあとも色素沈着を起こして黒ずんでくる。
硬くなった角質を乾燥から守ろうと保湿しようとしても、通常の化粧水や保湿クリームではおしりの皮が厚くなりすぎて、奥まで浸透しない・・・。
自転車に乗ることの多いわたしは、すごく当てはまる事が多くて、おしりにできたニキビも、よく掻きむしってしまっていたなぁ、と今更ながら反省をしていました。
もう治らないかも、と折れてしまいそうなわたしを、ちょっと待って!!と慰めてくれた存在が、ピーチローズ!!
そうそう!!おしりに特化したおしりの美白のスペシャリストと言われている美白クリーム。
乾燥した肌を潤すために、独自のテクノロジーで生み出した製法で、うるおい成分をちゃんとおしりの角質まで届けてくれるというではありませんか!
これはもう頼りにするしかない!!と思った次第です。もうこれ以上黒ずみたくないよー!!><