おしりニキビにもピーリングは効果的?

1. ケアしにくい場所にできるおしりニキビ

おしりニキビができるという方は、普段からケアをしていないという方が多いのではないでしょうか。
この普段からケアをしていない理由に、確認しずらいという点が挙げられます。
おしりだけでなく背中でもそうですが、体の後ろの部分は鏡などでも見づらい場所で、簡単に見られないことがケアしていない理由ではないでしょうか。
普段見ることができないため、お風呂で体を洗う際にあまり気を使うとなく洗ってしまい、肌の状態が悪化してしまいます。
このケアしにくいことが、おしりニキビの原因ともなります。
顔と同じように、普段からケアすることがおしりニキビの予防となります。

1-1. おしりにニキビができる原因

お尻は普段から多くの刺激を受けています。
長時間椅子に座っていたり、下着のこすれなどによって刺激を受けることもあります。
また、下着の締め付けが強いと、血流が悪くなり肌の代謝が低下することから、肌のバリア機能も低下したり、古い角質が溜まりやすくニキビができやすくなります。
また、お尻は確認しにくいのもニキビができやすくなる原因とも言えます。
顔などなら、今の肌の状態を鏡を見てすぐに確認できますが、お尻は気軽に確認できる場所でもなく、ニキビができやすい場所と言えます。
そのため、普段からお尻のケアを心がけることが大切です。

1-2. 黒ずみや跡に残りやすいおしりニキビ

おしりニキビができても、あまり気にせず放置するという方もいます。
おしりは、常に衣服に隠れている部分で、人に見られることがないことからそのまま放置しがちです。
しかし、その放置が黒ずみや跡に残りやすくなってしまいます。
ニキビは早目に治すことが大切です。
ニキビは悪化してしまうと、色素沈着やニキビ跡が残ってしまいます。
この色素沈着やニキビ跡が、後々後悔することになる場合もあります。
水着になった時や公衆浴場などに行ったときに、おしりに色素沈着やニキビ跡ができていることで恥ずかしい思いをすることもあります。
このようなことがないように、ニキビができた時にはしっかりとケアすることが重要です。

1-3. おしりニキビが頑固で改善しない場合

おしりニキビができ、色素沈着やニキビ跡を残さないためにも、ケアしていても、なかなか改善されないということもあります。
おしりは蒸れやすく雑菌などが繁殖しやすく、ニキビが悪化しやすい状況です。
そのようなニキビケアには皮膚科などの病院を利用してケアするのが最適と言えます。
皮膚科で処方される薬は抗菌作用が強く、ニキビを悪化させないためには最適な薬です。
ニキビの悪化は、毛穴の中でアクネ菌などの雑菌が繁殖することで起こります。
そのため、抗菌作用が強い薬は効果的で、ニキビが悪化する前に治療ができ、色素沈着やニキビ跡の予防に有効と言えます。
頑固なおしりニキビで悩んでいる方は、病院から処方される薬が最適です。

2. 皮膚科でのお尻ニキビの治療法

皮膚科での治療では、塗り薬の他に内服薬やピーリングなどがあります。
塗り薬では、肌の表面からケアすることができ、ニキビが出来てしまってからのケアには有効な方法です。
ニキビをさらに悪化させないためにも、皮膚にいるアクネ菌などのケアはしっかりとする必要があります。
内服薬では、体の中から肌に必要な栄養を与えることができ、肌の代謝を高めるためにも有効な手段と言えます。
ニキビケアでは、古い角質をためないことも重要で、そのためには肌の代謝に必要な栄養をしっかりと摂取することも重要です。
ピーリングでは角質ケアをすることができます。
定期的にピーリングを利用して、角質ケアをすることによりニキビができない肌にすることができます。

2-1. ニキビや黒ずみに効果的なピーリング

ニキビ予防や黒ずみを薄くするために、効果的な方法にピーリングがあります。
ピーリングは不要な角質を取り除くのに有効な方法です。
ニキビでは古い角質を取り除くことが必要になります。
古い角質があることで毛穴が詰まりやすくなります。
また、古い角質を取り除くことにより肌の代謝が促進され、新しい細胞が生まれやすくなり黒ずみにも効果的です。
ただ、ピーリングは強制的に古い角質を取り除くこととなり、肌に大きな負担をかける場合もあります。
そのため、自分でピーリングをするのが不安という方は、皮膚科などの施術を受けることをおすすめします。

2-2. ピーリング石鹸の使い方

自宅で安全にピーリングをする方法に、ピーリング石鹸を使う方法があります。
ただ、安全性の高いピーリング石鹸でも正しい使い方が大切です。
ピーリングは肌に大きな負担を与えることとなります。
そのため、ピーリング石鹸を初めて使う時には、肌が慣れていないため、使い方によっては炎症などの原因になることもあります。
そのため、使い始めでは週に1回程度にして、徐々に肌に慣れさせることが大切です。
そして、ピーリング石鹸を使う際には、しっかりと泡立てることが大切です。
泡立てネットを使い、泡でおしりを洗います。
正しい使い方をすることで、古い角質を取り除くことができ、頑固なお尻ニキビケアができます。

 

お尻ニキビ ピーリング石鹸

 

2-3. ピーリングでニキビを効果的に改善できる理由

ニキビができる理由は毛穴が塞がることです。
そして、この毛穴が塞がる原因が、皮脂や古い角質です。
古い角質が溜まることにより、毛穴が塞がりやすい状態となりますし、皮脂の分泌量が多いことで古い角質と皮脂が混ざり合い、毛穴が詰まってしまいます。
そのため、古い角質を取り除くことができるピーリングは、ニキビケアでは有効な手段と言えます。
古い角質を取り除くには肌の代謝を促進させることが必要になるのですが、簡単に肌の代謝を促進できるものでもありません。
肌の代謝を促進させる努力をながら、今の古い角質を取り除くためにピーリングをすることにより、しっかりとしたニキビケアに繋がります。

3. 皮膚科でピーリングを受けた人の体験談

しこり状のニキビで悩んでいる人が、ピーリングとイオン導入の治療を、定期的に美容皮膚科で治療したことで悩みが解消されたという体験をした方がいました。
この人は、顔のニキビを解消したといった体験ですが、おしりニキビにも有効な方法と考えられます。
皮膚科でのピーリングでは、種類も豊富で、その人の肌に合ったピーリング方法を選んでくれます。
ただ、注意が必要なのが乾燥した肌の場合です。
乾燥した肌では、ピーリングの刺激が強くいい結果が得られない場合もあります。
その他にも炎症などを起こしている状態では向いていない治療方法ですが、その他の場合には皮膚科のピーリングは有効です。

ピーチローズでおしりのざらざらがつるつるに!

それからしばらくして商品が到着!
使用方法はホームページをガン見していたので大丈夫です。
あまりつけすぎるとすぐに無くなちゃうよ、と聞いていたのですが、これはダメだよ・・・全身に使いたくなっちゃうよ・・・(笑)
顔やボディにも美白効果があるので、使いたくなってしまうんです。
でも、一番の効果を知りたいのはやっぱり、「おしりにできたぶつぶつ退治に効果があるのか?」なので(笑)
おしりを重点的にマッサージして塗りこむことにしました。よく伸びるのでその延長線上にあるふとももの付け根まで。
ここも黒ずんでしまっていたので、あわよくば白くなればいいなーという願いです(*^_^*)
使い出してまだ五日目。もうすぐ一週間です。
もっとさらさらした使用感なにかな?と思っていたので、もっちりとしたクリームに最初戸惑いましたが、肌にのせるとスッと馴染んでしまうので、肌の奥に届いたのが
実感できた気がしてとてもうれしいです。
まだぶつぶつが消えたわけではありませんが、ざらざらしていた感触がつるっとしてきたような!とっても期待です(^○^)