敏感肌 ボディケア,敏感肌 スキンケア

敏感肌 ボディケア

「敏感肌に合ったボディケアの方法が知りたい」
「敏感肌におすすめのボディケアアイテムはどれ?」

 

敏感肌の方がボディケアをする場合、肌荒れなどのトラブルを避けるために
使うアイテムや使い方に注意する必要があります。
そのため、敏感肌で上記のような疑問をお持ちの方は多いでしょう。

 

そんな方のために、当ページでは敏感肌に合ったボディケアコスメの選び方と
部位別のおすすめボディケアコスメをご紹介しています。
また、スキンケア効果を高めるための効果的な使い方、各アイテムのお得な購入方法も確認していただけます。

 

あなたに合ったボディケアコスメ選びの参考にしていただけるので、ぜひ参考にしてみてください!

 

敏感肌に合ったボディケアコスメ選びのポイント

敏感肌とは、皮膚のバリア機能が低下することで外部刺激に対して敏感になり、化粧品などを使用すると肌トラブルを起こししやすい状態のことを言います。
また、多くの方には刺激にならないほこりや紫外線などでも、肌に赤みやかゆみが出ることもあるようです。

 

そのため、敏感肌の方がボディケアをする場合は、刺激が少なく肌に優しいボディケアコスメの使用をおすすめします。
まずは、敏感肌の方に合ったボディケアコスメを選びのポイントを見ていきましょう。

 

肌に刺激を与える成分が使われていない

敏感肌の方には、低刺激で無添加のコスメをおすすめします。
というのも、刺激の強い添加物配合のコスメを使うと、肌トラブルが起こる可能性があるからです。

 

添加物にはいくつか種類がありますが、

  • 香料
  • 着色料
  • アルコール
  • 界面活性剤

などが入っているものは絶対に避けましょう。

 

また、天然成分にも注意が必要です。
数種類の天然成分が配合されることで、刺激が強くなっている場合もあります。

 

混合肌の場合は肌に合った配合成分をチェック

敏感肌だけでなく、乾燥やテカりなど肌に関すて他の悩みもある「混合肌」の方もいらっしゃるはずです。
混合肌の方は、肌の悩みに合った有効成分配合のコスメを選びましょう。

 

敏感肌+乾燥肌:セラミド

敏感肌だけでなく乾燥肌にもお悩みの方には、セラミド配合のボディケアコスメがおすすめです。
セラミドは、肌の角質層の中にある細胞間脂質の一つで、細胞間脂質の約50%を占めています。

 

肌の水分量を保つことで潤いを与えるほか、外部刺激から肌を守り乾燥を防ぐため、乾燥肌の方のスキンケアに欠かせません。
肌がカサカサになったり荒れたりするときは、セラミドが不足していると言われます。

 

コスメからセラミドを補給することで、肌トラブルを改善しましょう。

 

敏感肌+オイリー肌:ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体とは、デリケートで肌に浸透しづらいビタミンCの弱点を改善し、肌への浸透力を高めた美容成分です。

 

オイリー肌の方は皮脂が多く肌がベタつく傾向にありますが、ビタミンCには皮脂の分泌を抑制する効果が期待できます。
そのため、敏感肌+オイリー肌でお悩みの方は、ビタミンC誘導体配合のボディケア雄目を選ぶと良いでしょう。

 

ただし、ビタミンC誘導体によって皮脂の量が減ると、逆に肌が乾燥することもあります。
そのため、しっかりとケア用品で肌を保湿して、乾燥を防ぐことも大切です。

 

テクスチャや香りは好みに合わせて

ケア用品で気になるのはテクスチャや香りですよね。
商品によっても使い心地は大きく異なり、好き嫌いも人によって分かれます。
夏場はサラッとしたものが使用しやすく、冬はしっとりしたものが使用しやすいのではないでしょうか。

 

テクスチャや香りによって効果が大きく異なることはないため、自分の好みに合わせて選んでみてください。

 

敏感肌におすすめ!部位別おすすめボディケアコスメ

続いては、体の部位別におすすめのボディケアコスメをご紹介します。
あなたの使用目的に合った商品を探してみましょう。

 

体全体への使用におすすめのボディケアコスメ

体全体に使用するとなると、安価でたっぷり使用できるものがいいですよね。
オススメのボディケアコスメは以下の通りです。

 

ニュートロジーナ インテンスリペア ボディ エマルジョン

ニュートロジーナのインテンスリペアシリーズのボディエマルジョンには、保湿成分として99%純グリセリンが使用されているため、肌に潤いを与える効果が高い点が特徴です。

 

グリセリンは一つ一つの分子が非常に細かいので、肌にしっかりと浸透して作用します。
ねっとりした使用感はありますが、肌馴染みが良くベタつかないボディクリームです

 

内容量:1本250g(ポンプボトルタイプ)
価格:1,501円(参考価格) ※amazonや楽天では1,200〜1,300円で購入可

 

アベンヌ トリクセラプラス エモリエントバーム

アベンヌのトリクセラプラス エモリエントバームには、アベンヌ皮膚科学研究開発成分である「セレクチオーズ」という肌の保護成分が配合されています。

 

「セレクチオーズ」は角層を保護する力が高いため、敏感肌に多い「肌のチクチク感」を和らげて健康な状態へ導くのが特徴です。
トリクセラプラス エモリエントバームは乳液状のなめらかなボディクリームで、生後1ヶ月の赤ちゃんでも使用できます。

 

内容量:1本200g(チューブタイプ)
価格:3,200円(参考価格) ※楽天では約2,800円で購入可

 

dプログラム ボディー エマルジョン AD

ボディーエマルジョンADは、超乾燥肌にも潤いを与え肌を刺激から守ってくれるボディ用乳液です。

 

敏感肌の方の協力でパッチテストを実施し、肌トラブルが起こらないよう設計されています。(全ての方の肌に合うわけではありません。)
低刺激で無香料ですし、しっとりとしたテクスチャで使いやすいのもうれしいポイントです。

 

内容量:1本200ml(ボトルポンプタイプ)
価格:3,024円 ※楽天では約2,400円で購入可

 

ヴァセリン アドバンスドリペアボディローション

ヴァセリンのアドバンスリペアボディローションは、潤い成分である極小ワセリンジェリーが肌の角質層まで浸透し、潤いを持続させるローションです。
ベタつかず比較的安価なため、体全体にたっぷり使用する事が出来ますよ。

 

内容量:1本200ml(ボトルタイプ)
価格:556円 ※公式サイトのオンラインショップが最安値

 

キュレル ローション

花王が製造するキュレル ローション最大の特徴は、弱酸性の無香料・無着色で肌にとても優しいということです。
伸びがよくベタつかないため、一年中使用できるアイテムだと言えるでしょう。

 

内容量:1本220ml(ボトルタイプ)
価格:1,400円(参考価格) ※楽天など大手通販サイトでは1,000円前後で購入可

 

背中への使用におすすめのボディケアコスメ

背中の面積は広く、皮膚面積は顔の約7倍と言われています。
そのため、少量でもしっかり伸びて浸透力の高いボディケアコスメがおすすめです。

 

ジュエルレイン

ジュエルレインは、極微粒子化したナノ美容成分を5種類配合した背中用ジェルです。
浸透力と保湿力に優れており、肌を保護しながら水分をキープすることで、ニキビをはじめとして背中の肌トラブルを改善します。

 

内容量:1個60g
価格:6,225円 ※公式サイトの定期コースなら1回目2,490円、2回目以降4,980円で購入可

 

お尻への使用におすすめのボディケアコスメ

ムレや摩擦による乾燥など、不衛生になりがちなお尻周りには、肌環境を整えてくれるアイテムを選びましょう。
当サイトでは、次の2つをおすすめします。

 

ピーチローズ

ピーチローズは厚生労働省承認の医薬部外品で、お尻の黒ずみ、シミ、ニキビなどのケアに効果を発揮するジェルです。
薬用美白成分がシミや黒ずみを抑え、94.6%配合された美容成分がニキビなど肌トラブルを予防します。

 

内容量:1本60g(チューブタイプ)
価格:10,000円 ※公式サイトの定期コースなら初回980円、2回目以降は4,480円で購入可

 

プチノン

プチノンは、お尻のニキビや肌荒れケアに有効なクリームです。
ナノ化したカプセルに閉じ込められた美容成分が肌の奥まで浸透し、しっかりと効果を発揮します。
浸透した美容成分が肌の乾燥やたるみにも働きかけ、ふっくらした肌に導いてくれますよ。

 

内容量:1本50g(チューブタイプ)
価格:8,000円 ※公式サイトの定期コースなら初回2,980円、2回目以降5,980円で購入可

 

敏感肌の方必見!ボディケアコスメの効果的な使い方

敏感肌 ボディケア

敏感肌の方でも安心なアイテムを使用しても、使い方を誤ってしまうと効果が半減します。
正しい使い方を知って、肌トラブルのないスキンケアを継続しましょう。

 

お風呂上りの濡れた状態で使う

ボディケアコスメは、お風呂上りの肌が濡れた状態で使いましょう。

 

肌が濡れていると少量のボディケアコスメをつけただけでもよく伸び、しっかりと肌に馴染みます。
水滴がどうしても気になるという方は、少しタオルで抑えるくらいなら大丈夫です。

 

風呂上がりに肌が濡れたまま放置していると、水滴と一緒に体の油分や水分も蒸発してしまうので、お風呂から上がって30分以内にスキンケアをすることも大切です。

 

肌に刺激を与えないよう優しく塗る

ボディケアコスメを使うときは、肌に刺激を与えないよう優しく塗りましょう。

 

具体的な手順としては、手のひらにクリームなどを乗せたら、両手で包み込むようにして少し温めます。
人肌程度にクリームを温める事で、より浸透しやすくなりますよ。
肌につける際には強く擦らず、優しく押し込むように塗りましょう。

 

敏感肌の方が安全にボディケアするための注意点

敏感肌の方に限らず、いくら低刺激のアイテムでも肌に合わないことがあります。
もし使用しているボディケアコスメが肌に合わない場合には、赤みやかぶれ、かゆみなど大きな肌トラブルが起こるかもしれません。

 

そうならないために、安全に使用するための注意点をご紹介します。

 

顔用と体用は使い分ける

「顔用」「体用」など、コスメの用途に合わせて使い分けましょう。

 

体と顔では、皮膚の厚みや性質が微妙に異なります。
ボディケアコスメは、そうした肌質を考慮して作られているため、肌トラブルのリスクを回避するには使用部位によってコスメを使い分けることが必要です。

 

使用前にはパッチテストをする

敏感肌の方が初めてのアイテムを使用する際には、必ずパッチテストを行いましょう。
パッチテストの簡易的な手順は次の通りです。

 

  1. 化粧水やクリームを絆創膏に染み込ませます。
  2. 二の腕か太ももの内側に張ります。
  3. 一日後に一度反応が出ていないか確認。出てないようならもう一日様子を見ます。
  4. 二日経っても反応が出ないようなら、使用しても大丈夫です。

 

大きな肌トラブルを引き起こす前に、我が身を守るためと思って必ずパッチテストを行なってください。

 

ボディケアコスメが肌に合わない時の対処法

もしも体用のコスメを使って肌トラブルが起こった場合は、すぐに使用を中止して皮膚科へ相談するのが基本です。

 

その他、肌トラブルの種類によって対応の仕方が異なるため、ご自身で実践できる対処法をご紹介します。

 

肌が熱を持ったり、かみゆを伴う赤みが出た場合

肌の熱を取るために、冷たいタオルで冷やしましょう。

 

ただし、氷を使用して冷やのはNGです。
急激に冷やしすぎる事で、治りが悪くなっていきます。

 

ピリピリした痛みを伴う場合

強い摩擦や刺激を与えないように、シンプルなスキンケアに変更してください。

 

肌が赤くなる場合

肌の水分量が足りていないので、保湿に力を入れてください。
持ち歩き用の化粧水ミストやクリームで、こまめに水分を与えましょう。

 

まとめ

敏感肌にオススメなボディケアアイテムは、低刺激で無添加の商品です。
また、肌の悩みによっては配合されている成分を気にして選ぶ必要もあります。

 

乾燥が気になる方には、肌の水分量を保つ役割のあるセラミドが配合のコスメが良いですし、オイリー肌が気になる方は、皮脂の分泌を抑えて肌に水分を与えてくれるビタミンC誘導体配合のコスメが効果的です。

 

また、部位によって皮膚の厚みや性質が微妙に異なっているため、使用する部位に合ったケア用品を選びましょう。
新しいケア用品を使用する前には、必ずパッチテストを行なって肌トラブルのリスクを回避することも大切です。

 

正しい方法でボディケアコスメを使うことで、敏感肌の方でも肌トラブルのないスキンケアを継続できます。