お尻 ニキビ 尾てい骨

1.尾てい骨周辺にできるニキビの特徴

お尻 ニキビ 尾てい骨

 

普段あまり気にすることのないお尻ですが、「ふと鏡を見たら尾てい骨の辺りにニキビができていた!」という経験はありませんか?
どうしてそんな場所にニキビができるのか分かりませんし、顔と違ってケア方法もよく分かりません。
無意味に触って悪化するのも嫌ですし、かといって放っておくわけにもいかず、困っている人も多いはずです。
しかし、ニキビができてしまうのには原因がありますし、治す方法も当然あります。
このページでは、尾てい骨の周辺にできたニキビの原因や治療法について解説していきます。
「変な場所にニキビができたな・・・」とお困りの方は、是非参考にしてください。

 

1-1.摩擦と蒸れがニキビの原因

お尻ニキビの原因は、摩擦と通気性の悪い下着の蒸れや締め付けです。
そのため、お尻を洗う時にごしごし洗うと刺激となってニキビの原因になってしまうので、皮膚の毛穴汚れを掻き出すつもりで優しく洗ってあげてください。
下着もツルツルしたものではなく、通気性のよい綿の下着をおすすめします。
そして、黒にきびや赤にきびが出来ている方で、頻繁にニキビが繰り返し出来る場合は、何かしらの対策が必要です。
病院の皮膚科に行って治療してもらったり、ニキビケアの薬をもらった方が早く治りますし、ニキビ痕が残ったり色素沈着しないよう先生に見てもらった方が安心です。

 

1-2.放置するとお尻の黒ずみに

ニキビを放置したり無理に潰したりしていると、黒ずみが残ったり色素沈着したりする場合もあります。
ニキビ痕や黒ずみにならない様にするためには、お尻を清潔に保つこと、保湿をすることも大事です。
また、古い角質スクラブやピーリング等もニキビ対策には効果があります。
ニキビ専用のケア化粧品を使うなど改善方法も様々あります。
「自分でケアするのは不安」という方は、病院で治療することも可能です。
保険治療ではなく自由診療になるかもしれませんが、その際にはケミカルピーリングやレーザー治療、専用の薬など様々な治療法があるので、まずは問合せで聞いてみてくださいね。

2.尾てい骨周辺のニキビを治す方法

尾てい骨周辺のニキビを治すには、ポイントが3つあります。
そのポイントとは、お尻を清潔に保つこと、お尻の肌を保湿すること、お尻に刺激を与えないことです。
これだけでは具体的に何をすれば良い分からないかもしれませんが、それほど難しいことではありません。
また、血流の流れが悪いとニキビができやすくなりますから、適度な運動や食事バランスにも気を付けましょう。
特にホルモンバランスが乱れている時は、ニキビも出来やすくなっています。
ここからは、尾てい骨周辺のニキビを治す方法について、より詳しく解説していきます。

 

2-1.清潔な下着を身につける

お尻に汗をかいて汚れたら、こまめに下着を履き替えたり、極力清潔な下着を身につける様に心掛けてください。
お尻も顔と同じで、不衛生にしているとニキビが出来ます。
汗や皮脂分泌で汚れた下着を長時間身に付けてると、肌にも負担がかかってしまいます。
そして、現在ニキビが出来ている方は、特に清潔に心掛けていくことで早く綺麗になります。
今ニキビができていない方でも、下着を清潔にすることは、ニキビ予防として有効です。
尾てい骨のニキビを治すための第一段階は、下着を清潔に保つということです。

 

2-2.十分に肌を保湿する

入浴してお尻を綺麗に洗った後は、顔と同様に肌を保湿してスキンケアしてあげてください。
お尻がずっと乾燥した状態だと過剰に皮脂が分泌し、ニキビが出来やすくなってしまう場合もあるからです。
ボディーローションやニキビケア用の保湿クリームなど、自分に合ったものを使いましょう。
しっかりと保湿をしたら、お尻にニキビがある部分へにきび治療用の薬を塗るようにしてください。
その後は、無意味にお尻を触って刺激を与えることがないように注意しましょう。

 

2-3.泡立てた石鹸で優しく洗う

お尻を洗う時の石鹸は、普通の石鹸で構いません。
もしも可能であれば、にきびケア用のスクラブ入り石鹸を使ってもいいと思います。
とにかく、あまりお尻をごしごしせず、泡立てたふわふわの石鹸で優しく洗ってください。
泡立てネットでふわふわの泡を泡立てて洗ってもいいでしょう。
椅子に座って洗うのは難しいのですから、しゃがんでマッサージするように、くるくる洗い残しがないように優しく洗ってあげてください。
そして綺麗に洗えた後は、洗剤が残らないように綺麗に洗い流しましょう。
石鹸の洗剤が残ると、にきびの原因になるので注意してください。

 

2-4.治らないニキビは皮膚科を受診

清潔な下着を着用すること、保湿すること、石鹸で優しく洗うこと、以上を守った上でニキビケアの薬を塗ってもニキビが治らない時は、皮膚科での受診をオススメします。
お尻周りのにきびは、赤にきびが多く、にきびに膿が溜まっていると座った時に痛みを伴います。
従って、そういった場合には病院で膿を出しをしてもらう事で、痛みの軽減にも繋がり、治りも早くなります。
病院に行くと、レーザー治療や治療薬の処方、あるいは角質を綺麗にするケミカルピーリングなどの治療ができます。
驚くほど効果が現れることもありますから、「たかがニキビ」と考えず、医師にかかるのも一つの手です。

3.尾てい骨のニキビ予防法

食生活の乱れやストレス、ホルモンバランスの乱れなど尾てい骨周辺のニキビには様々な原因があります。
また、「仕事柄、座りっぱなしや立ちっぱなしのことが多い」という方は、血行が悪くなってしまいがちです。
血液循環が悪くなる所は、にきびが出来やすくなってしまうので気を付けましょう。
その他にも、お尻を清潔に保つことなど、ニキビの予防のためにできる事はいくつかあります。
簡単な予防法をご紹介しますから、実践してみてください。

 

3-1.摩擦が少なく通気性の良い下着を選ぶ

オシャレでデザインのかわいい下着は、ポリエステルやナイロン素材などはツルツルしたサテンのようなものが多いです。
しかし、実はこういった素材がニキビの原因になってしまうのです。
化学繊維は汗を吸わず、通気性にも優れていません。
そのため、皮膚に汗や皮脂がずっと溜まった状態になってしまい、不衛生な状態でにきびの原因になります。
ニキビ予防のためには、コットンやシルクの下着を選びましょう。
擦れや締め付けで肌が黒ずむこともありますから、下着サイズの見直しも行ってください。

 

3-2.座り仕事の人にはクッションもおすすめ

デスクワークの人には椅子に取り付けれるクッションがおすすめです。
クッションも、とにかく通気性のよい素材を選んでください。
椅子にずっと座りっぱなしだと、お尻はだいぶ蒸れやすい状態になります。
そして、どうしてもお尻の血流も悪くなってしまうので、お尻の環境としては最悪です。
それを毎日続けていると、にきびの原因になってしまいます。
それが酷くなると、お尻周りに粉瘤といった赤いにきびができるのです。
これが厄介でなかなか治りませんから、日々予防をしていき肌のスキンケアも怠らない様にしましょう。

4.お尻にもニキビ跡は残る?

お尻にもにきび跡は残ります。
従って、にきびの治療は慎重にしていかないといけません。
にきび跡が残ると女性としてはとてもショックですし、黒ずみになってしまったり色素沈着してしまったりと、見た目にも良くありません。
にきびが出来てしまっても不必要に触らず、潰す事だけは絶対にやめてください。
お尻は脂肪が沢山あるところですから、そこのにきびを潰すと皮膚がでこぼこした状態になり、お尻の見た目が悪くなってしまう可能性があります。
とにかく正しいスキンケアをする事、にきび治療商品などを使うことで、我慢強くニキビを治していきましょう。