お尻ニキビ跡を消す方法!皮膚科に行かなくても消せる?

1.お尻のニキビ跡は自力で消すことができる?

お尻にニキビ跡ができてしまい悩んでいるという人も多いのではないでしょうか。
普段は、衣服によって隠れている部分なので、ニキビ跡ができても人に見られる心配はありません。
しかし、急に友人と海水浴やプール、温泉などに出かけることになると、そのニキビ跡が見られてしまい恥ずかしい思いをするかもしれません。
そんな人にとって、このお尻のニキビ跡を自力で消すことができるのかと不安を感じてしまいます。
美容クリニックなどに行けば短期間で解消することも可能なのですが、お尻を出して治療するのは恥ずかしいものです。
このお尻のニキビ跡は自力で消すことは可能です。
ここではお尻ニキビ跡を自力で消す方法を紹介したいと思います。

1-1.お尻にニキビが発生する原因とは

お尻のニキビ跡を解消するためには、まずニキビ跡を作る原因となる、ニキビが発生する原因を知っておく必要があります。
ニキビ跡を消したとしても、またニキビができてしまっては、ニキビ跡を増やす原因ともなります。
お尻は、普段の日常生活でおかれている環境によりニキビができやすいと考えられます。
ニキビの原因として、肌のターンオーバーが乱れたり、皮脂の分泌量が多い、アクネ菌が繁殖してしまうなどが挙げられます。
お尻は、衣服に覆われているため蒸れやすく、アクネ菌が繁殖しやすい環境です。
また、下着などの摩擦や座っている時間が長ければ血流の悪化にもつながり、肌のターンオーバーが乱れてしまいニキビができやすくなってしまいます。

1-2.悪化する前にニキビケアすることが重要

ニキビ跡を作らないためには、ニキビができたらすぐにケアをして、悪化することを防ぐことが大切です。
ニキビ跡は、ニキビが悪化すればするほど治りにくいものとなります。
ニキビの初期段階で症状が治まれば、特別なケアをしなくても自然とニキビ跡は消えてくれます。
しかし、ニキビが悪化して、皮膚の奥深くまでダメージを受けてしまうと、簡単には消すことができなくなります。
ニキビ跡をこれ以上増やさないためにも、ニキビ予防をすることが大切ですし、もしできてしまっても、徹底したニキビケアをすることが大切です。
ニキビ跡で恥ずかしい思いをしないためにも、しっかりとしたケア方法を身につけていきましょう。

2.皮膚科でのお尻ニキビ跡の治療方法

自力でお尻のニキビ跡を治すとなると長期間のケアが必要となります。
肌サイクルは通常1カ月程度必要となり、このサイクルを繰り返すことでニキビ跡が解消されることから、早くても数カ月程度の期間は考えてケアをする必要があります。
しかし、皮膚科での治療では短期間での治療も可能となります。
何とか、できるだけ早く治す方法はないのかと考えている人は、美容皮膚科などで治療をすることをおすすめします。
美容皮膚科では、肌サイクルを促進させてくれるビーリングからレーザー治療、高周波治療や薬などを使い、短期間での改善をすることができます。
皮膚科での治療となると、まず患部を見せる必要があり恥ずかしい思いをするかもしれませんが、効果は最も高い治療方法です。

2-1.皮膚科用のニキビ跡治療用レーザー

最近では家庭用のレーザー美顔器なども販売されるようになり、自宅でレーザーを使ったケアをすることもできます。
しかし、このレーザー美顔器は家庭用に開発されたもので、皮膚科などで使用される医療レーザーとは全く効果が違います。
医療機関で使用されるレーザーは、医療機関だからこそ利用できるレーザーです。
そのため、短期間での治療も可能となっています。
医療用レーザーといっても種類が多く、自分のニキビ跡の症状に合ったレーザー治療をすることも大切です。
レーザーによって、届く深さも違ってきます。
真皮まで影響を受けているようなニキビ跡では、炭酸ガスレーザーのような、真皮層まで届くレーザー治療を受ける必要があります。

2-2.皮膚科で処方してもらえる薬

皮膚科でのレーザー治療なら、皮膚の奥深くから新しい細胞に生まれ変わることができ、綺麗にニキビ跡を消すことも可能です。
しかし、一度の治療では効果は得られず、何度か施術を受ける必要があります。
施術を受けるたびにお尻を出して治療を受けるのは抵抗があるという人は、塗り薬や飲み薬での治療方法もあります。
皮膚科で処方される外用薬としては、色素沈着改善ではトレチノインやハイドロキノン、クレーターのようなニキビ跡ではケロコートなどでの治療となります。
飲み薬でクレーターのようなニキビ跡を改善できる薬はないようですが、色素沈着ではメラニンの生成を抑制してくれるトラネキサム酸が有効な薬として処方されます。

3.お尻ニキビ跡はエステで綺麗になる?

医療機関では短期間で改善できる治療を受けることができます。
では、エステではどうでしょうか?
ニキビ跡に対しての施術としてはピーリングがあります。
自分でピーリング用品を使ってケアすることも可能なのですが、ピーリングは使い方を間違えると、肌に大きな負担となります。
エステでのニキビ跡ケアのメリットは、その自分では難しいピーリングを安全にケアできるという点です。
また、エステでは毛穴ケアなどもしてくれることから、ニキビ予防にも最適です。
様々な美容機器を使いケアができるエステを利用するのもニキビ跡ケアには有効な方法です。

 

3-1.お尻ニキビ跡に有効な石鹸と化粧水

自宅でのケアではピーリング石鹸なども有効な方法です。
普段使っているような石鹸の中に、角質ケアができるピーリング剤が配合された石鹸で、普通に体を洗うように使用することで古い角質を取り除いてくれニキビ跡にも効果を発揮します。
ただ、ピーリング石鹸でも、使いすぎれば肌に負担をかけることから、多くても週に1回程度の頻度で使うことが大切です。
化粧水では、お尻専用のものやボディケア用品を使うことをおすすめします。
顔とお尻とでは皮膚の厚みも違い、とくにお尻は様々な刺激を受け続けていることから皮膚が厚くなります。
厚くなった皮膚では有効成分も浸透しにくいことから、その皮膚の厚みを考慮して作られたお尻ケア用品を使うことが大切です。

4.自宅でお尻ニキビ跡をケアする方法

お尻は角質が溜まりやすい場所です。
皮膚は刺激を受け続けたり、乾燥が進むと、角質層を厚くして肌を守ろうとします。
これは過角化と呼ばれるものです。
肌を守るためなのですが、この過角化によって肌トラブルを引き起こしたり、化粧水などを使っても有効成分が肌の奥まで浸透しにくい状態となります。
この状態を改善するために有効なのがピーリングです。
ピーリングは余分な角質を取り除くことができます。
自宅でお尻ニキビ跡ケアをするときには、このピーリングが大切です。
このピーリングを上手く使いこなすことで、自宅でも早期のニキビ跡解消が期待できます。

4-1.ニキビ用の石鹸と化粧水の効果的な使い方

自宅ケアでは、ニキビケアや角質ケア、肌の状態を整えるためのケアが必要になってきます。
お風呂で体を洗う時にはニキビ用の石鹸を使って、これ以上ニキビができないようにケアをしていきます。
そして、そのケアをした肌の状態を整えるために、お風呂上りにはしっかりと化粧水を使って、乾燥から肌を守りましょう。
肌は乾燥してしまうと、肌を守るために皮脂の分泌量を増やそうとします。
そのため、肌に乾燥していると感じさせないことが大切です。
お風呂上りにはすぐに化粧水を使ってケアすることがポイントです。
また、定期的にピーリング石鹸などを使って角質ケアをしましょう。
余分な角質を取り除くことで化粧水の効果も実感しやすくなります。

お尻ニキビ 化粧水