お尻ニキビの原因徹底解析!綺麗なお尻を手に入れる方法

1. お尻にできる厄介なニキビ

ニキビはどこにできても厄介な症状なのですが、とくに生活にも支障をきたすのがお尻にできるニキビではないでしょうか。
お尻の場所によっては、座るときにどうしてもそのニキビが当たってしまい、強い痛みを感じながら仕事をしなければいけないこともあります。
このような状態では仕事にも大きな支障が出てしまいます。
人に見られることはないのですが、ニキビができる場所によってとても厄介な症状となります。
また、このお尻ニキビは人に見られる心配がないことからとくに特別なケアをしないという人もいるのではないでしょうか。
しかし、そのケアによって気づいた時には、ブツブツとお尻にシミのようなニキビ跡ができてしまい、人に見られるととても恥ずかしい状態となることもあります。

 

1-1. 実はお尻はニキビができやすい

どうしてお尻にニキビができるのでしょうか?
顔なら、常に外気に触れている部分でもあり、汚れなども付着しやすく、温度変化から肌サイクルが乱れてニキビができやすいというのもうなずけます。
お尻は常に衣服に覆われてニキビなどできにくい場所ではないかと思っている人もいるのではないでしょうか。
しかし、お尻は意外にニキビができやすい環境と考えられます。
座り仕事などをしていれば、常にお尻に体重がかかり、その刺激によってお尻の角質はどんどんと厚みを増します。
ニキビの原因に皮脂と角質が関係していて、お尻は古い角質が溜まりやすい場所でもあり、ニキビができやすい環境と言えます。

 

1-2. 吹き出物とニキビの違い

よくニキビのことを吹き出物という人もいて、このニキビと吹き出物には違いがあるのかと思う人もいるのではないでしょうか。
結論から言うと、明確な違いはありません。
一般的には、10代にできる症状をニキビ、大人になってできる症状を吹き出物と言われているようです。
そのため、大人でできる症状をニキビといっても間違いではなく、よく大人ができるニキビを大人ニキビとも言われます。
思春期のニキビでは多くが皮脂が関係していましたが、大人ニキビとなると、皮脂だけでなく毎日のスキンケアや生活習慣なども大きく影響していると考えられます。

 

1-3. 食べ物とお尻ニキビの関係

お尻ニキビには食べ物も関係しています。
食べ物の中にはお尻ニキビに影響しやすいものと、予防にも効果がある食べ物があり、お尻ニキビで悩んでいる人は、この予防効果のあるものをしっかりと摂取し、ニキビの原因となる食べ物は減らした食生活を送りたいものです。
気をつけたいのが油分です。
とくに肉などに含まれる動物性油はニキビをできやすくしてしまいます。
油分がすべて悪いというわけではなく、魚などの油分は逆にニキビ予防にも効果を発揮してくれます。
ニキビ予防にはビタミンが重要で、ビタミンを多く含むニンジンやホウレン草、大豆や小松菜、ブロッコリーやレモン、カボチャなどは、ビタミンが豊富な食材でもあることからしっかりと食べておきたい食材です。

 

1-4. 睡眠不足や内臓の不調がお尻ニキビの原因かも

毎日の生活習慣もお尻ニキビを作っている原因となることもあります。
仕事が忙しく、毎日残業続きといった状態では、お尻だけでなく顔などにも吹き出物が出るといった人もいるのではないでしょうか。
睡眠不足はお肌の大敵とも言われるように、お尻ニキビにも大きな影響を与えると考えられます。
仕事で十分な睡眠がとれないこともありますが、できるだけ早く寝て肌の状態を整えましょう。
また、内臓の不調もお尻ニキビに影響を与えます。
胃が弱ることで血行不良を起こすとも言われていますし、腸内環境が悪くなれば栄養の吸収が悪くなるだけでなく、毒素まで吸収してしまい吹き出物が出やすい状態となります。

 

お尻ニキビ 睡眠不足

 

1-5. ストレスとお尻ニキビ

ストレスもニキビには悪い影響を与えます。
仕事や家庭でストレスを受け続けていると、自律神経が乱れ、内臓の働き、血流、ホルモンバランスにまで影響が及びます。
血流が悪くなれば肌の代謝に必要な栄養が届けられにくい状態となりますし、ホルモンバランスが乱れることにより、過剰な皮脂分泌を招くこともあります。
生活をしていれば誰でもストレスを受けるのですが、大切なのは解消法です。
自分なりのストレス解消法を見つけておくことが、お尻ニキビ予防にもなります。
自分の好きなことをしたり、仲の良い友人とおしゃべりするだけでも効果的なストレス解消になります。

 

1-6. お尻ニキビは女性に多い

お尻ニキビは男性よりも女性が多いと考えられます。
男性でもできるのですが、女性は締め付けのきつい下着を着用していたり、女性ホルモンの乱れからお尻ニキビができやすいといえます。
とくに締め付けのきつい下着をよく着用するという人は要注意です。
下着などの締め付けが強ければ血流が悪化してしまい、ニキビができやすくなってしまいます。
お尻はただでさえ、座ったりしてお尻が圧迫されることで血流が悪化しやすい場所なのに、下着によってさらに血流を悪化させてしまえば、肌に良い環境とはとても言えません。
できるだけ締め付けの強い衣服は避け、血流を促進させるように心がけましょう。

 

2. お尻ニキビを治すために必要なこと

お尻ニキビを治すためには、まず毎日受けているお尻の負担を減らしてあげましょう。
お尻は毎日圧迫されたり、衣類からの摩擦や刺激、蒸れやすいなど、過酷な環境に置かれています。
この環境を改善させるだけでもニキビが治りやすくなると考えられます。
通気性の良い下着を着用したり、座り仕事なら柔らかいクッションなどを敷くなどしてお尻への負担を減らすことが大切です。
また、スキンケアも重要なポイントとなります。
お尻は普段人に見られることがない場所ということもあり、顔と比べるとどうしてもスキンケアを手を抜いてしまいます。
お尻もしっかりとしたスキンケアをすることでニキビ改善に効果を発揮します。

 

2-1. 長期戦になることも

お尻はどうしても普段の生活では負担をかけてしまいます。
そのため、短期間での改善は難しいのが現状です。
短期間で治療しようと潰したりしてしまうと、治りにくいニキビ跡の原因ともなりますし、座っている時に負担をかけて悪化してしまい、さらに治りにくいニキビとなることもあります。
このことからも、お尻ニキビの治療では長期戦になることも覚悟しておきましょう。
長期戦になると考えて、気長にケアを続けることにより、ニキビ跡になることも防げ、綺麗なお尻を保つことにもつながります。
お尻の環境を整えながら、肌のターンオーバーが正常化すれば、ニキビに悩まされないお尻にすることも可能です。

 

2-2. 毎日のケアを怠らない

お尻にニキビができてしまうと、あまり触りたくないということもあり、毎日のケアを怠ってしまうという人もいます。
しかし、毎日のケアを怠ることによって、ニキビを悪化させたり、さらにニキビを増やす原因となる場合もあります。
このようなことがないように毎日のスキンケアを続けることが大切です。
ただ、強い刺激をニキビに与えると悪化の原因となることから、普段のケア以上に優しくすることも大切です。
ニキビができている時は清潔に保つことも治療には重要なポイントで、ニキビができている場所も清潔に保ちながら、新たなニキビ予防にも努めましょう。

3. ニキビができないようにすることも大切

ニキビができてしまうと、症状が治まってもニキビ跡の原因になることもあり、お尻のニキビで悩んでいる人は、ニキビ予防にも注目してケアしていくことが大切です。
普段の生活の中でお尻にどのような負担をかけているのか、毎日の食事の栄養バランスは良いか、睡眠はしっかりととれているか、ストレスは溜まっていないかなど、お尻の環境や生活習慣をしっかりと見直してみましょう。
また、お尻は顔の皮膚よりも厚みがあることから、顔用のスキンケア用品では効果が得られない場合があります。
お尻のスキンケアを考えている場合には、顔用ではなくボディソープやお尻専用のケア用品などを使ってケアをしていきましょう。

4. お尻ニキビに有効な【ピーチローズ】とは

お尻のケア用品として人気がある商品にピーチローズがあります。
この商品は薬用ボディケア美白ジェルで、お尻のケアには最適な商品です。
低分子化した水溶性プラセンタやコラーゲン、ヒアルロン酸が配合され、分厚いお尻の肌にも浸透しやすくなっています。
抗炎症作用やニキビ予防にも効果を発揮するグリチルリチン酸2Kも配合されているので、肌の状態を整えながらニキビケアができます。
また、ピーチローズには60日間の返金保証があります。
この返金保証があることで、気軽に試すことができるのではないでしょうか。
お尻ニキビや黒ずみで悩んでいる人にはおすすめできる商品です。

 

4-1. ピーチローズの口コミ

座るときにちょうど当たるところにニキビがよくできてしまい、そんな日はとても憂鬱な気分になるといった人の声を見ることができました。
この人はお尻ニキビで悩んでいたのですが、ピーチローズを利用して、その悩みから解放されたようです。
ピーチローズを利用してからは一度もニキビができていないようで、肌質も変わってきている感じがするとのことです。
このことからも、ピーチローズはお尻ニキビに効果的なことがわかります。
また、この商品のローズの香りが、ちょっとリッチな感じがすると言っていて、この香りも人気の一つかもしれません。