お尻 ニキビ

1.ニキビと粉瘤って違うの?

お尻ニキビの種類


お尻は見えない部位ではありますが、実は様々な肌トラブルが起きやすい場所でもあります。
主要なものでも、ニキビ、粉瘤、吹き出物などがあります。
これらは正確にはそれぞれ違うものなのですが、症状が似ているため全部ニキビとして認識されてしまう傾向があります。
特に、ニキビと粉瘤は区別しづらく、それぞれを知っていないと見分けることはできないでしょう。
しかし、良く観察してみるとニキビ、粉瘤、吹き出物はそれぞれ異なる特徴を持っていることに気付きます。
ここからは、それぞれを見分ける方法と特徴について説明していきます。

1-1.そもそも粉瘤って何?

そもそも粉瘤とは何なのでしょうか?
ニキビと吹き出物は知っていても粉瘤を知らない人も実は多いのではないでしょうか。
粉瘤とは、皮膚の内側に嚢胞(のうほう)と呼ばれる袋状の空間ができ、その中に垢といった老廃物が溜まってしまうことで出来る腫瘍の事を指します。
特徴としては、皮膚の表面に開口部と呼ばれる穴が開いています。
粉瘤は老廃物が溜まった袋であるため、開口部から強い臭いが発せられることもあります。
粉瘤はニキビや吹き出物とは違い、セルフケアで治すことができず、完治させるためには病院で手術をして粉瘤を取り除く必要があります。

1-2.粉瘤ができる原因

実は、粉瘤ができる原因については未だに解明されていない部分が多く、はっきりとした原因は分かっていません。
しかし、臨床データによると傷やニキビから粉瘤に発展することもあるようです。
なんらかの原因で皮膚の垢等が肌の内側に溜まってしまい、袋状の壁が成形されてしまいます。
その袋の中に本来排出されるはずの老廃物が蓄積され、おできのようなシコリが発生します。
このシコリのことを嚢胞と言い、嚢胞からは時折強い臭いが発せられることもありますが、これは老廃物をエサにして細菌が繁殖してしまうことが原因となっています。
治療法としては手術で嚢胞を取り除く以外はまだないため、セルフケアで完治させることはできません。

1-3.ニキビと粉瘤の違いとは

ここまでで、ニキビと粉瘤はそれぞれ異なる原因を持っていることは理解してもらえたと思います。
当然ですが、原因が違えば処置の方法も違ってきます。
粉瘤なのにニキビケアをしても効果は全くなく、反対にニキビに対して粉瘤用のケアをしても効果は一切見込めません。
では、ニキビと粉瘤を見分けられる簡単な方法は無いのでしょうか?
基本的に、粉瘤の場合には皮膚を押し込んでみるとその下にしこりが感じられるのに対して、ニキビでは痛みを感じるだけでしこり等は感じられません。
しこりの有無がニキビか粉瘤かを見分けるポイントであると言えるでしょう。

2.お尻は肌トラブルが起きやすい

ここからはお尻ニキビについて話しを進めていきたいと思います。
あまり知られていませんが、お尻って実は体の部位の中でもトップクラスに肌トラブルが起きやすい場所なのです。
基本的に、ニキビや黒ずみを始めとする肌トラブルの多くは、皮膚への刺激が原因となっています。
思い返してみるとお尻って日常生活の中で四六時中何らかの刺激を受けていることに気付くと思います。
黒ずみやニキビ、粉瘤の原因にもなる「刺激」にはどのような種類のものがあるのでしょうか?
また、お尻の肌トラブルを回避するためにはどのような対策をすればよいのでしょうか?

2-1.皮膚の圧迫、摩擦が原因

お尻って常に下着によって覆われていますよね。
これが原因でお尻は四六時中刺激を受けています。
歩くとき、座る時、立つときなど、何らかの行動を起こした時は必ずと言っていいほど摩擦による刺激を受けています。
また、座ってじっとしているときでさえ圧迫による刺激を受けています。
このように、何をしていても刺激を常に受けているのがお尻で、運が悪いとそれが原因で傷ができてしまうこともあります。
傷ができるとそこから雑菌が入り込んで炎症を起こし、粉瘤になったりニキビになってしまう可能性もあるでしょう。

2-2.汚れが原因になることも

注意しなければならないのは何も摩擦、圧迫による刺激だけではありません。
他には、下着は蒸れやすく雑菌の温床になりやすいため、それが原因で肌トラブルを引き起こしてしまうこともあります。
肌に汚れが溜まってしまうとターンオーバー(肌の生まれ変わり)が正常に働かなかったり、ニキビができやすくなったりしてしまいます。
また、ニキビなどができなかったとしても悪臭や体調不良の原因にもなってしまう可能性もあるため、「たかが下着の蒸れ」と軽視するのではなく、できるだけ汚れが溜まりにくい下着選びなどをすることが大切です。

2-3.放置すると黒ずみにも

上述した二つはニキビや粉瘤の原因となるだけでなく、放置していると肌の黒ずみの原因となってしまいます。
肌が汚れていたり、刺激を受けて肌が角質化を起こしてしまうとターンオーバーが正常にいかず、その部分が徐々に黒ずんでいってしまいます。
ターンオーバーを正常化するためには、栄養バランスの良い食事、規則正しい生活の他に、肌にできるだけ刺激を与えない生活をすることが大事になります。
例えば、肌への刺激が強い化学繊維の下着を身に着けるのではなく、シルクといった天然繊維のものを選ぶことでお尻が受ける刺激を減らし、ムレにくくすることができます。

3.腰まわりや太もも、股の付け根にも肌トラブルのリスクが

皮膚を常習的に圧迫することでその部分が角質化してしまいます。
角質化した皮膚は保湿力が失われてしまい、黒ずみが生まれてしまったり、ニキビができやすくなってしまいます。
また、極端な締め付けはメラニンを生成してしまい色素沈着を起こしてしまいます。
色素沈着が起きるとご存知のように黒ずみが生まれてしまいます。
そのため、ストッキングやタイツを愛用している人は特に注意が必要です。
脱いだ後その部位に跡が付くような場合には,圧迫が強いと考えて良いでしょう。
その跡をケアせずに放置していると様々な肌トラブルの原因ともなってしまいます。

3-1.正しい素材選びで肌トラブルを回避

最近では、ナイロンといった化学繊維の下着が安価で手に入るためそれを選ぶ人が多いのですが、美容の事を考えると天然素材のものを選ぶことをおすすめします。
先程も簡単に説明しましたが、化学繊維を避け天然繊維の下着を選ぶことで肌トラブルのリスクを大幅に軽減することができます。
特に、シルク素材のものは通気性が良く、肌との強い摩擦も起きにくいためニキビ、黒ずみの原因となる刺激を最低限に抑えることができます。
また、下着はできるだけ締め付けの少ないものにすることで圧迫が原因の黒ずみやニキビ対策をすることができます。

4.黒ずみ、ニキビに効果的な【薬用ピーチローズ】とは

お尻の肌トラブルに効果のある美容クリームとしてピーチローズという商品が発売されています。
含まれているのは肌に優しい成分のみですが、強力な洗浄、保湿効果があるためニキビや黒ずみのために必要不可欠なターンオーバーを正常化してくれます。
また、皮膚を柔らかくしてくれるヒアルロン酸、高濃度プラセンタが配合されており角質化してしまった皮膚にも効果的です。
美白ケアとしても使用できるため、単純に、お尻用の美容クリームとしても申し分ありません。