子供 お尻 ニキビ

これってニキビ?子供のお尻にできたぶつぶつの正体

子供 お尻 ニキビ

子供は大人に比べると皮膚が薄くデリケートなため、湿疹が出たり皮膚炎を起こすことがよくあります。
なかでもお尻は、赤ちゃんの頃から、ぶつぶつができたり赤くなったりと、トラブルを起こしやすい箇所の一つです。
このぶつぶつの正体はニキビなのでしょうか?
ニキビは、思春期になって皮脂の分泌が増え、何らかの理由により角質が硬くなり毛穴が詰まることでできるものなので、赤ちゃんや子供には当てはまりませんね。
子供のお尻にできたぶつぶつや吹き出物は、ニキビではなく他のものであることがほとんどです。
それでは、このぶつぶつの正体と対策を探っていきましょう。

 

赤いぶつぶつは汗疹やおできのケースが大半

子供のお尻のぶつぶつの正体は「汗疹」であることが多いです。
子供は汗をたくさんかきます。
そうすると、蒸れて細菌も増えやすくなり、赤いぶつぶつができます。
また、皮膚や鼻・のど・便などに常に存在する黄色ブドウ球菌という細菌が繁殖すると、おできや水疱になることもあります。
水疱が破れると「とびひ」になるおそれもあるので、注意が必要です。
子供は、日中だけでなく夜間もたくさん汗をかくので、部屋の温度調節や衣服の素材などに気を配ってあげましょう。

 

アトピー性皮膚炎・アレルギー・虫刺されの場合も

アトピー性皮膚炎の場合は、生後2か月以降から症状が現れます。
激しいかゆみを伴う湿疹で、皮膚が乾燥してザラザラしたり、ジュクジュクしてきたりと特徴が明確なので、専門家が見るとすぐに診断がつくそうです。
また、食べ物や衣類洗剤などのアレルギーによる炎症の場合もあります。
蚊やダニにかまれていることもあり、ダニはかゆみが激しく長く続くのが特徴です。
蚊とダニでは、刺された痕ではなかなか判断がつきにくいので、皮膚科に行くことをおすすめします。
ダニが原因だった場合、布団などに置いておくだけでダニを捕獲してくれるような商品が市販されているので、活用すると良いと思います。

 

白や黒のぶつぶつは皮脂が原因

お尻のぶつぶつが白や黒の場合は、皮脂が毛穴に溜まってできたことが考えられます。
子供は汗をかきやすいので、皮膚を清潔な状態に保ってあげないと、皮脂がたまりやすいのです。
思春期近くの子供の場合は、ニキビの初期段階とも考えられます。
更に炎症を起こしてしまうと、肌が赤くなってしまう事もあります。
また、特にオムツを使用している場合は、オムツ内が蒸れて高温多湿状態になることから、皮膚がふやけて傷つきやすくなります。
高温多湿な環境を好む細菌は、中でどんどん増えていきます。
尿や便が付き、細菌もいるオムツ内では、傷つきやすくなった皮膚は更に傷ついてしまうので、オムツ替えもこまめに行い、お尻を清潔に保ちましょう。

 

子供のお尻のできものを治す方法

まずは皮膚科を受診

子供のお尻にぶつぶつができてしまったら、まずは皮膚科を受診した方が良いでしょう。
汗疹やかぶれの塗り薬は市販されていますが、症状によっては、使う薬を間違えると悪化することもあります。
特に、ステロイドが入っている薬には注意が必要です。
皮膚科の先生なら、状態を見て原因を教えてくれますし、治療に適切な薬を処方してくれます。
受診するまでに、出血したり膿が出たりした場合は、拭き取る前に携帯電話などで写真を撮っておくと、受診時に見せながら状況を説明できるのでおすすめです。
また、小児科でも対応してくれることがあります。
赤ちゃんの場合は小児科の方が設備が整っていたりするので、小児科の先生に相談してみるのも良いでしょう。

 

おむつや下着を通気性のよいものに変える

前述したように、お尻が蒸れている環境は、皮膚にとってよくありません。
大人でも、汗でお尻が蒸れて下着が濡れてしまうと、すごく気持ち悪いですよね。
下着やオムツは、ガーゼ生地など通気性のよい素材のものを選びましょう。
紙オムツも、各メーカーが通気性のよさをうたった商品を発売してますが、肌触りや履き心地はそれぞれ異なるので、お子さんに合ったものを選んであげると良いですね。
寝ている間の対策として、シーツやタオルケットをガーゼ生地やひんやりする素材のものに変えるのも良いと思います。
なにより、汗をかいたらこまめに履き替えさせることが大事です。

 

優しく洗ってお尻を清潔に保つ

ぶつぶつができてしまわないように、とにかくお尻を清潔に保ちましょう。
だからと言って、大人が使うような市販のボディソープや石鹸は、子供や赤ちゃんの柔らかい肌にとって、刺激が強い化学物質が含まれていることが多くあります。
それでは、肌にとっては逆効果です。
赤ちゃんのお尻を洗う時は、無添加や天然成分の石鹸やボディソープを選ぶとよいでしょう。
赤ちゃん用のボディソープは、肌に優しい成分で作られているのでおすすめです。
使う際は、決してゴシゴシと洗うのではなく、よく泡立ててから泡の表面で洗ってあげましょう。
泡で出てくるポンプタイプなら、楽に使えますね。
最後にしっかりと泡を洗い落とすことも大切です。
お尻といえど、日頃のスキンケアが欠かせません。