お尻 ニキビ 軟膏

お尻のニキビは軟膏で治る?

お尻 ニキビ 軟膏

お尻のニキビの主な原因は、毛穴に皮脂が詰まりアクネ菌などが繁殖することです。
他のパーツにできるニキビと基本的には同じ理由ですね。
さらに、お尻の皮膚の角質は厚く、下着の圧迫や着席時の摩擦といった刺激や蒸れなどで、ニキビができやすい環境にあります。
炎症や化膿を起こして、時には激しい痛みを伴う辛いお尻ニキビの治療には、効果が早く出て、自分で手軽に処置ができる軟膏がおすすめです。
ニキビケア専用として販売されている軟膏は多くありませんが、殺菌作用や抗炎症作用があるものは、お尻のニキビ治療に効果があります。

 

軟膏を使用する時の注意点

美容効果やニキビの予防効果はない

軟膏を塗れば、必ず元通りのキレイなお尻に治るとは限りません。
お尻のニキビが治っても、色素沈着を起こして、赤みや黒ずみが残る場合があるのです。(もちろん、キレイに治る場合もあります)
軟膏は、お尻にできてしまったニキビを治療するための塗り薬であり、肌をキレイに保つスキンケア化粧品ではありません。
そのため、ニキビ跡や色素沈着を治したり、ニキビを防いで肌をキレイにするなど、美容効果を期待した使い方はできないので気を付けてください。
もしそういった効果がほしい場合は、専用クリームなどを使用してくださいね。

 

用法・用量を必ず守る

軟膏は、スキンケアクリームなどと違い、抗生物質やステロイドといった強い成分を含んでいる場合もある医薬品です。
自己判断せず、必ず適切な使用方法や使用量、使用期間を守ってください。
場合によっては、症状が悪化したり、副作用が出る可能性もあります。
また、軟膏が症状や体質に合っていないと、アレルギー反応が出たり、使用しても効果が見られない場合があります。
効果を出したいからと、過剰に塗ったり、決められた以上の長期間にわたる使用は決してしないでください。
もし異常や不安を感じたら使用をやめ、病院を受診し医師に相談しましょう。

 

お尻のニキビに効く市販の軟膏はコレ!

薬局やドラッグストアでは、色々な軟膏が売られていて選ぶのに困りますよね。
沢山ある市販薬の中から、お尻のニキビ治療におすすめの軟膏をいくつかご紹介します。

 

「テラ・コートリル軟膏」赤ニキビに効果的、抗生物質・ステロイド配合
「ドルマイシン軟膏」二種類の抗生物質配合で抗菌作用が強い
「ペア・アクネクリームW」ライオン株式会社が発売しているニキビ治療専用の軟膏
「クロマイ−P軟膏AS」抗生物質・ステロイド配合で即効性、化膿を伴うニキビに効く

 

配合成分や詳しい効能をしっかり見て、自分の体質や症状に合った軟膏を選んでくださいね。
これらの軟膏の詳細が気になる方は、こちらのページをご覧ください。

 

皮膚科や病院ではどんな軟膏が処方される?

お尻のニキビは、皮膚科や病院で治療することも可能です。
詳しい治療法や処方される薬については、こちらのページをご覧ください。

 

皮膚科や病院では、外用薬が処方されるケースが大半ですが、軟膏が処方されることもあります。
ここからは、皮膚科や病院で処方されることが多いゲンタシン軟膏とリンデロンVG軟膏について解説します。

 

ゲンタシン軟膏

「ゲンタシン軟膏」は、アミノグリコシド系の抗生物質で、無臭、半透明の軟膏です。
ステロイドは配合されていません。
主成分は「ゲンタマイシン硫酸塩」で、それを略して「ゲンタシン軟膏」という商品名がついています。
直接炎症を抑える作用はありませんが、細菌が増殖するのを阻害する作用があります。
ニキビの原因であるアクネ菌など細菌の繁殖を妨げるので、細菌が原因である赤ニキビや化膿したニキビに効果的です。
ニキビを防ぐ作用はないので、お尻全体に塗り広げることはせずに、ニキビの上へピンポイントで塗ってください。

 

リンデロンVG軟膏

リンデロンVG軟膏は、ステロイド「ベタメタゾン」と抗生物質「ゲンタマイシン硫酸塩」が配合された、半透明の軟膏です。
ステロイドの「ベタメタゾン」には、炎症や赤みを鎮めてくれる、即効性のある抗炎症作用があります。
強い抗炎症作用がある一方、免疫力を下げてしまうので、抗生物質の「ゲンタマイシン硫酸塩」が細菌の感染を防ぐ役割を担います。
強いお薬であるステロイド薬に対して、副作用への不安など抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、短期間の外用薬での使用の場合、重い副作用はほとんど起こりません。
医師の指導通りに正しく使用すれば、短期間で治療できる効果的な軟膏です。